on your side 誰か護るためなら邪魔なもの 壊し続けていい?cant deny その法則進んでって世界中が空っぽになる可能性時に何も 見えない時自分の目 見ている景色だけを信じてるしかない嵐のような時代も 端から見りゃただのクロニクルその度に 繰り返し 後悔をしたって忘れたような顔して 仕掛けてくる誰かのEgoが…dont know what, what you say 無視しないで