私の瞳をちゃんと見てよ月は丸くないけど woo woo引き込まれちゃうでしょ私のことちゃんと見てよ月は丸くないけど woo wooみだらにダンスしましょう
電話の後は夜中のバスルーム窓の月が話し相手“悪いのは 誰?”シャワーを浴びながら嫌なことは洗い流す心の排水口こんな想いどこへ行くのだろうガンジス河へ聖なる河へ流れ着いたらいいのに……ガンジス河へ聖なる河へ祈りが届くようにインドに行けばなんとかなるあやまるくらい何でもないけれど蛇口ひねるわけじゃないわいくつの海と大地を越えたなら人はわかり合えるのか?瞳を閉じてみれば遥か遠く愛が流されてくガンジス河へ
キスが冷たいよいつもと違うよ何かあるのならねぇ はっきり言いなよキスが冷たいよいつもと違うよ何を拗ねてるの?氷のままじゃわからないじゃない?夜のその途中でI say “Good night!”止めたカブリオレがClose your eyes!つき合いの長さだけ面倒が増えて来る恋ってタフでなきゃねキスが冷たいよいつもと違うよ触れた唇はほら 嘘などつけないキスが冷たいよいつもと違うよもっとちゃんとして
入江を過ぎる小さな船誰の想いを運ぶのだろう心の海に残したのは岸まで届くこのさざ波愛してると絶対に言えない見送るのが美しい落日のように愛してると絶対に言えないおだやかな2人には今さら……潮の流れに浮かぶ夢もやがて 時間が忘れさせる水平線は果てしなくて腕の中から見失っても引き止めては絶対にいけないあの船が目指してる港があるから引き止めては絶対にいけない悲しみが思い出を責めても……愛してると絶対に言えな
ママはいつもうるさいの“男の子はあぶない”って土曜の夜の合図はクラクション 3 CALL今夜も行くわ ごめんねママ!そっと窓からエスケープママだってパパだって 秘密があったでしょ?好きしか見えなくて男って女って経験が大切まだまだね たりないわ“ボクの愛はふくらし粉こねて こねて ホラ 無限大”笑わせないで何度も聞いたセリフだわそれでも私 ごめんねママ!胸がキュンとしちゃうママだってパパだって ドキ
抱きしめていてよねあなたが足りないのよやせっぽちなわたしを愛してよ いつもいつでも抱きしめていなさいあなたの使命なのよ意地っぱりなわたしが愛しくて たまらないでしょうたべかけの ICE BOX溶けないうちにキスして冷たくて甘くないのそろそろあなたにきっつい おしおきしちゃうから抱きしめていてよねあなたが足りないのよやせっぽちなわたしを愛してよ いつもいつでもタイミングはずしちゃダメよ二度とチャンス
どこへ行くのだろう たったひとりでどこへ行くのだろう 名前もないのに誰かがあなたを やさしく呼んでるそこへ行けばいい 私は私そこへ行けばいい 名前は見つかる
自転車のペダル漕いで緑の木々を走り抜けて木洩れ陽の滑走路Tシャツのその背中に南風 膨らませながら知らぬ間に空を飛ぶ会いたい人に今すぐに会えるよ遠くの街も近くに見えるフワフワ空気より軽く心はいつも浮かんでいたいねフワフワ空気より軽く嫌なことは 地上にもう置いて行こう……いっぱいの汗をかけば普通の水もきっと なぜかおいしいと思えるよ悩んでいても仕方がないじゃない?曇りの日より青空がいいフワフワ昨日より
空は青い雲はおいしそうね風はとてもやさしいの橋をこえてあの角右へ行けばまぶしいのよ Sun Flower Fieldsひまわりみたいに太陽の下待っててみようかな?Love Love Love きっとLove Love Love 見つけてねさっきまでのおいしそうな雲がいじめられて泣きだした橋は流れ1人とりのこされてどうしよう Sun Flower Fieldsこのままじゃ私クリティの様にひまわりにな
梅雨明けぬ夜空の雲間からうたかたの月の光ひとよ 照らしぬ揃いの浴衣着てさよふけぬ縁日、海辺の花火…愛につつまれし日々七夕 月よいざなへ 行く年のふたりにささの葉 心さらさらかき乱し眠れず想い出はいつでもつれづれにほどけた心の糸をたぐって君をさがすよ七夕 今宵 織り姫 何をせむ逢いたい…いそしぎ しのび泣くとて届かぬ想い恋い慕いても寄り添えぬうたた寝に垣間見た夢はまぼろし君はまぼろしふたりは…まぼろ
I see your tear falling downAnd then another oneAs if you read my mindAs
走る走る 幌馬車は走る夜の闇を 切り裂いて叫ぶ叫ぶ 僕たちは叫ぶ自由の丘を 突き抜け2千マイル Non-Stopで君を奪う 正義のCowboy荒野のダンディー ピストル回しふたりの夜明けは もうすぐだろう yeah yeah yeah響く響く 銃声が響く夜空の月を狙って誓う誓う 僕たちは誓う自由を手に入れるさと星がふたり 導くまま君を守る 正義のCowboy荒野のダンディー 敵を蹴散らし一輪の薔薇
家出娘のクリスは 今夜も街をさまようだけどいつもとは違う予感がしていたのよ気付くと都会のビルが深い森になっていた懐中時計を持ったウサギが通り過ぎるこれは夢なのよ きっと夢なのよいくしかないって感じマジカルなラジカルなパーティーが始まるのね胸がほら ワクワクよ 期待しちゃうハーメルンの笛吹きと 擦れ違いざまに Hello, Good-byeトランプの女王様 ババ抜き勝負するの三つ編みにしたガリバーは
七つの海を越えた世界の果てに着いたらそこではあらゆる人が幸せになれるという何故僕はこの海に漕ぎだそうとするのだろう方舟の行く先はわからないというのに嵐の海に揺られて世界は悲鳴をあげるそれからあらゆる物が無に帰るのだという何故こんな苦しみに耐えなければいけないの方舟は流される僕は母の名を呼ぶ遥か遠く雲は切れて光 降り注ぐまるで新しい夜明けが奇跡のように七つの海を越えた世界の地図にない国そこには神の恵