Euphoria – IA

その日、眺めていた校庭は
薄く、青い空が染みていて
不意にガラン、とした教室に
君はもう、いなかった

昨日、読めなかった小説の
消えない夢を見ていた少年は
赤く光る星を、迫っていた
それの一つに、なりたかった
強く願えば願うほど
もどかしい言葉が、喉を伝う
最終の電車の窓に映り込む
自分は、誰に見える?

あぁ、青春の在り処も
幸福のルールも見つかってないから
泥に塗れたって
足が縺れたって
探しているんだろう
探していくんだろう
あぁ、少年の僕らよ
情熱の日々も、約束もまた
消えてしまうなら
過ぎ去ってしまうなら
ここに残そう
同じ世界に、立っていたんだと

道の向こうには、自分がいて
あどけない笑顔で呼んでいる
きっと、先にたどり着いたんだ
消えないうちに、行かなくちゃ

傷が痛めば、痛むほど
進むべき指針が、強く浮かぶ
始まりの合図に、鼓動が高鳴る
変わらない、いつもの音で

あぁ、青春の在り処も
本当のゴールも、まだ先にあるから
きっと大人たちも
幼い子供みたいに
続けているんだろう
続けていくんだろう
あぁ、少年の僕らよ
戦いの日々は、ずっとこれから
瞳の奥で、心の側で
きっと輝く
君は、もう気付いているんだろう

不安と、消えない恐怖引き連れて
飛べないまま、羽ばたくんだ
自然と、その場所が理由になるって
誰よりも、期待している

あぁ、少年の僕らよ
心の中に、戸惑いがあるなら
きっとそれ自体が
きっとこの世界で
一番綺麗で、眩しい想いだろう

あぁ、青春の在り処の
その一ページの、その先でまた
君は笑顔で、泣きそうな声で、そっと呟く
「同じ世界に、立っていたんだ」と
「同じ未来に、立っているんだ」と