身代わりキボンヌ – IA

わたしクローンだった
女王陛下の身代わり 影武者だった

金銀細工のお城の中の夢
都花盛りで
当代きってのまばゆい春の歌
その名の通り
絢爛(けんらん)豪華なHer Majesty
贅沢ならお手の物
シャンシャンシャンと宝石の雨が降る
ワルツの調べに乗って

船が夜ごと去りゆく恋を
浮かべ荒れた海の上を渡る
丘を越えて駆ける馬車の
飾りつきの洒落た窓に映る
時間は華やいで流れてゆくわ

わたしクローンだった
女王陛下の身代わり 影武者だった
暮らしはちょっと退屈だった
時代の生贄だった
臣民臣下(しんみんしんか)は傅(かしず)いて
誰ぞ知る 誰ぞ知る
季節がどんなに巡っても
ああ わたしは女王陛下じゃない

宮中にわかに軒並みざわめいて
パニックまがいのダンスで
パーティードレス 長い裾踏んづける
Oops, I’m Sorry
集中砲火は止まない雨のよう

街は煙にまみれて 民衆蜂起よ
突きつけられた
革命の剣の先

Oh my God
そんなまさかのクーデター
こんなことってないわ 濡れ衣なの
そうよ存外怖くはないわ
逃げ遅れただけの 人違いよ
事件は絡まってねじれてゆくわ

偽のクイーンだった
女王陛下のレプリカ
イミテーションのわたしが今夜
牽(ひ)かれてく かわいそうに
誰か気付いて

褪せたブラウンの瞳が翳(かげ)っていた
午後の気怠い空気
クラウンを髪から外して
わたしはお縄についた

断頭台への道すがら
ひた走る ひた走る
女王陛下は笑ってた
そう わたしは女王陛下じゃない