地上を夢見る魚 – I Dont Like Mondays.

出来るだけ淡々とね
仕事をこなしていくんだよ
この街で暮らすには少しコツがいる
珍しく女の子に誘われたデートは
愚痴ばかり聞かされて悪酔いしたんだ

歩道橋の上に立って満月を眺めたって
ウサギちゃんはいない oh baby
中学生時代のトレンディードラマのような
ロマンティックな展開はない

僕は地上を夢見た魚
この冷たい海の底で必死こいて泳いでる
いつかいつの日にか君が
僕を見つけてくれるはず
そんな未来を信じてる

早朝からマスコミがね
深刻そうな振りをして
僕たちの不安を煽ってくるんだぜ
くだらないと馬鹿にした「幸せの哲学」
眠れない真夜中に思い出してんだ

状況を悲観したって時代を嘆いたって
仕方ないからな oh baby
行き当たりバッタリだって前向いて生きなくちゃって
言い聞かせている

今はまだ閉ざされた扉
ビクともしないこのドアを必死こいて叩いてる
いつかいつの日にか君が
鍵を開け部屋の中へと
招き入れてくれると…

愛 優しさ 夢 自由 希望
そのどれもは まるで蜃気楼
近づくと消えるんだ そう信じてるんだよ
だけど真実じゃないとしたなら

僕は地上を夢見た魚
そいつを救い出せるのは僕にしかできないな
ずっと叩き続けた扉
向こうで鍵をかけていたのは
自分なんだって気づいた夜