そのコトバは言えないって言えばなにか、壊れるってただ笑顔を見つめてるだけのぼくはきっと きっと悲しいねこれからどんな顔で どんな声でふたりに向きあえばいいの?いまはぼくのすべてが 嘘になるここからいますぐ消えてしまいたい…そう思った言葉の糸が胸に絡みついて苦しいんだ彼のために笑ってるってわかりながら好きになってただ涙を願うようないやな日がずっと ずっと続くんだこのまま誰ひとりも傷つけずに思いが叶え