ほら 君の瞳に 虹色の涙溢れ出した愛しさと 歓び色に染まるきっとこの日のために 僕らは出逢った神様さえ知らない 特別な奇跡 いつもわがまま 困らせた駄目な僕に あきれながら 笑顔くれた 優しさにありがとう心の底から 変わらぬ絆を誓いたいよこの瞬間(とき)いまこそ 愛の記念日 どんな明日が来ても その手を握るよ永遠なら二人の 胸にもうあるのさ 幾つ越えてく 昼と夜つらいことや 悲しみさえ 君といれば 微笑みに変わる
もう終わったことと 何度言い聞かせても遠い陽だまりで 君が手を振っているようで駄目だよ この胸 君の想い出だらけさ 触れあった指のぬくもり横顔も笑い声も消せない ずっと離れないと理由もなく信じてたこんな今日が来ると予想も出来ずにいた 君が忘れてったumbrella靴箱の前に置いたまま 肩寄せた 帰り道なぜか ふと 恋しくなる (Let it Rain… Rain…) ねえ いつから僕は 君を傷
髪を揺らしてた風が吹いてきた頃僕達の未来まだ見ぬ世界不安を抱えて この道を染める2人だけの花色今年もきっとまた舞い降りてくる側には君がいない かけがえのないあの笑顔今はもう会えない 雪桜咲く度に君を思い出すだろうひらひらと落ちる消えない思いを乗せてそっと目を閉じたらあの日に帰れる 違う服を着て別々の道を行くもしかして出会うもっと前から決まっていたかもしれない 願いが叶うならただ君に今すぐ会いたい 雪桜咲く度に
溢れそうな愛しさ もう止められないのさざわめく胸の痛みがツライよ もうどんな未来と引き換えてもいいのさ愛をひとりじめにしたいよ 君にいま、、、 アイタイキモチ everydayはり裂けるくらいに膨らんでいますぐ届けたいよ受け止めて この想いをOh My Lady 瞳と瞳があった瞬間 なぜ微笑みくれたの眩しい予感に視線が離せない どうかずっと時よ止まれと願い続けた後悔なんかじゃ終わらせたくない 恋なんだ、、、 アイタ