恋という贈り物 meets 天月-あまつき- – HoneyWorks

僕の物語に君は恋を運んでくれた
指に触れたい想いそっとポケットにしまって

刻む時計止めたくてわざとゆっくり歩いた
“君を”“今を”忘れないよ
離れても変わらないから

僕らは青くて未完成な物語を歩いています
未来へ別れ道 笑っていたい…だけど
やっぱダメだ好きなんだ

君の物語に僕は恋を運べてますか?
ふわり揺らした髪は優しい香りがした

暇な授業も説教も何故か恋しく思えて
いつも君がいたからだよ
ありがとう笑顔をくれて

希望や不安が混ざり合った物語を歩いています
離れてもまた会える 信じている…だから
僕の道を歩くんだ

僕らは青くて未完成な物語を歩いています
未来へ別れ道 笑っていたい…だけど
やっぱダメだこぼれそうだ

きっときっとまた会える

僕の物語に君は恋を運んでくれた
次は必ず言うよ「君が心から好きだよ」