兎にも角にも恋に落ちたわけであります千年先覚めやらん 詠え踊れや心模様やれやれ数多の人身をいたづらに...こんな私めが帝に仕え逢うその体裁は必需品ですの尚でもっては更の事 月のまにまにお手を拝借其の侭、運命子午線突破眠れない此の侭、蓬莱の境界線切って問答無用月に背を向けた弱竹の我が侭姫君鳴呼愛ししし兎にも角にも恋に落ちたわけであります国色天香才徳兼備 大盤振舞四元素今更不死の薬と富士の煙くゆる私が