Cakes – Homecomings

優しいことは 忘れないでいる
いつだって さよならのあとには

似ているものを 思い出してみる
知らないことばかり 数えてさ

素直なままで 君に話せたら
暖かなメロディだけがきっとこの街に降るだろう

夜のふたり 朝のにおい
ぼやけた視力で 探り合っている
届きそうになるのは 息を止めてしまうから

夜明けのドア叩いて こうならないように歩いてきたのだ

分け合ったかけら 大きい方をあげよう
甘いクリーム ちゃんと好きだよ

夜にそっと針を落として 寂しいニュースがやってくるまで
君を待っていたのさ 君を待っていたのさ

夜のふたり 朝のにおい
綺麗な手と手で 探り合っている
うまく言えないのは 息を止めてしまうから
朝がこない この街のすべて

夜明けのドアを叩いて こうならないように歩いてきたのだ

たとえば二人 落ちてきた天使
どこからやってきたかも忘れてさ