月が窓から青く降りてにじむカーテンの波 影が風に揺れる消し忘れてた TVからはノイズついては消える ビルの赤い光こんな部屋で少し息をしてるかすかなしるしを聴いてる誰もとらない遠い電話のベル雲がかくした月がまたさしこむいつかはきっと 何度もそう思う座り続けたソファが冷えていくこんな部屋で少し息をしてる今夜も僕は眠らずにどこかで響く誰かがはしゃぐ声白い壁には破りかけた写真こんな部屋で少し息をしてるかす