もしあの時 あともう少し君の事を 伝えていればわだかまりも すれ違いもきっと今と 違ったはず昨日の夜は 陽が昇るまでずっとずっと 考えてた陽の光は 裏切らず今日いちにちをまた 支えるよ友よ 君がいるだけで日々の夢がふくらんだ 歩いてたもう戻る事できない 足跡残してる何かやり遂げなけりゃ また夜に悔いがたまる通学路 涙ふいて君は笑顔