僕らは何に夢見て 何処へ向かうべきなのか裏切りや駆け引きの中 手にした勝利にどれ程 価値があるのか太陽は断ち切れぬ矛盾を抱えても未来の行方 照らし続ける強く儚き者よ この手を引き導いて真実と呼べる場所があるなら戸惑い傷ついても この地平線の向こうまだ答えは見えない僕らはあとどれくらい 純粋でいれるのだろう笑顔の裏に影を潜めているエゴなどこれ以上 知りたくはない歴史がやり切れぬ怒りに震え破滅へのエピ
くすんだ街に揺れ動く ココロにDestiny 抱きしめていたい昨日と同じ苦笑い 気付かぬ素振り 逸らしたHeat on me互いを想う気持ち分り過ぎて 裏腹に伝う仕草もどかしくてそれでも触れ合って So 真実を知って無くしちゃいけないものを見つけてMy honey,ll hold you tight and make you happyあるがままを愛していたい 永遠に『何となく』じゃ 生きてゆけ
穏やかな木漏れ日の中 色づいた花が揺れてる幸せを歌うように・・・たそがれは このひと時をイタズラな風が奪った懐かしいフレーズに染めるいつも気付けば二人 遠まわりしてきたね今は少し 此場所(ここ)で 疲れた羽を休めて遥かな未来にほら 季節はまた巡りゆくけど絶え間なく 育てる愛が あなたの安らぎになれたら飾らない言葉でも ありふれた場面の中でもこれからを共に生きてく 2人の証(あかし)を刻もうこの胸の
真夏に灯した いくつもの約束遠い瞳(め)の僕等が 揺らいでいる寝ても覚めても 気まぐれなココロはまだ過去形のまま どしゃぶりで…明日は晴れるよ 飾ることのない赤裸々な思いを 問えばきっと心細くとも 神様の与えたうんざりする日常 蹴飛ばして無理やりにねじ伏せた時間(とき)が二度と 戻らぬこと知った時逃げ場所は もう どこにもない切実な眼差しとか ぎこちないやさしさが募るほど 強くなれた気がした大切な
朝陽(ひかり)に弾ける無限の空の青さどこまでも今飛んで行けるような気がした自分の弱さ救い出せるのはきっと涙ではなく現実を打ち破る決意待ち焦がれて 凍えた未来が目を覚ます時 We can do anything with a brave heart高鳴る voice of the dream夢は激しさを増して生まれ来る鮮やかな夜明けの向こう Dont be afraid of
名もなきこの場所で 開いた衝動の花静かな始まりを告げる幼きあこがれが 確かな熱を求めてこの空にシグナルを放つよ繰り返していく日々を背に はばたく瞬間を探してる孤独な願いだとしてもまだ見ぬ世界へ 限界を越えて行きたい体中でこの夢が あふれ出すまま新しい時代を映す 鮮やかな朝日のように強い輝きで咲いた 想いを胸に明日に臆病な 目覚めた夢の続きも壊せばまた空に還るけど一つの真実と 向き合う気持ちが今も風