周りの 景色が変わってく隠れんぼした 記憶が 今 蘇る笑顔の 見えない 毎日取り戻す 君の最高の 思い出たちどれだけ 泣いて 乗り越えた?閉ざしかけた 未来へ 手を伸ばし 呼び醒ませ壊れかけたハート ぶち破れ世界中を 巻き込め!!悩んでいても 始まらない!ok!ok!ok!挙げろ みんなで!!崩れかけた砂の城 新しい明日へのドアあの日描いた 続きを もう一度目指せ夢は逃げない!冷たい 風が吹いてい
夕暮れの街角 昨日よりも熱を覚えた風が吹き抜けた寄せる波がそっと 知らぬ間に崩した 砂城のような儚い瞬間(とき)明日からはもう違う服 同じ窓の景色 忘れない終わった日々を振り返り 記憶を思い出に変える言葉に出来ない想いは ここに置いていこうサヨナラ昨日までの僕 夢中でいられた季節よ無言で手を握り締めた不器用な君だからこれからの道 何が訪れたってこれだけは言えるよ 「君だけを忘れはしない」長い髪をほ
Never never never 未だ non stopNever never mindNever never never 今だ One more timeNever ever ever もはやDont
突然の出逢い 夕凪のように 僕ら惹かれ合ったんだ重ねる度に 確信しちゃうんだふいに見つめ合うと 時が止まるよ遠回りばかりで 何故僕らばかりと責めていたけどすべてを賭けて 守ってみたいキミがいるから もう何もいらないよねぇ愛していますか? 信じていますか?問いかけてみた 臆病な Heart飛び立つよ。愛していいですか? 信じていいですか?速度 上がってく… 響いてく…大嫌いな自分 変えたくていつも 
落ちた枯葉雪に埋もれて 戻らぬ時を想う私の心通りすぎてく 冬風に身を震わせ物哀しい街に伸びる影 吐く息の白さに溶けて忘れられないアナタとの日々はきっと今日も弱い私の心を刺すトゲになるけれど求め彷徨うあの日の温もり かじかんだ手震えて掴めない降り積もる雪 足跡を消すように 私の心の傷も消してもう戻らないあの日の温もりを忘れさせて時よ凍れ 冬の夜空に願った夜が明けて朝日が昇る 去りゆく時に揉まれ私の心
一人でいつも 歩いたけど気がつけば世界が暗闇にのまれ 震えて泣いていたキミの笑顔で 照らされてくこの道は今は先が見えなくても きっと晴れるから走ることの意味をくれた君がいる自分の居場所を見つけられたことは共に描いてきた 目指す先があって立ち向かえ 未来へと100%のスピードで 夢つかみにいこうよアクセル全開で さあ 先へと100%の自分を 信じて突き進めよ無限の可能性 ほら 広がる向かい風も 高い