スノーファース – HIGH BONE MUSCLE

賑わった街の声に耳を塞ぎ 足下積もった雪を蹴飛ばした
なにもこんな日じゃなくたっていいのに ぽつりと呟く丸い背中

本当は二人で見るはずだったのにな
虹色に光る キラキラ星 纏ったツリー

幸せ色に満たされる聖なる夜に 一人 空を見上げている
夜空の星は 街の灯りは こんな日だって綺麗だなぁ

僕にだってきみにだって夢があって だからこそ譲れないものもあって
何気なくこぼした些細な一言が きみを傷付けちゃうこともあって

部屋を飛び出すきみを追いかけるのは
僕の役目だったのに 今日に限って そうしなかったんだよ!

すれ違ったりまた戻ったりしながら 想いは強くなっていくね
だけど最後にきみが流した 涙が不安にさせる

失って気付く度 大事にしようと思うのに
泣き合って抱き合って許し合う じゃないとなんかダメみたい

静まった街の音に耳を澄まし 足下溶けた雪を見送った
いつの間に一人きりになった僕と 同じように星を見る影がひとつ

目が合った途端に溢れ出した涙を 拭ってその細い肩を寄せて
くちづけした

幸せ色が溶け出した聖なる夜に 二人 空の下を歩く
夜空の星は 街の灯りが消え さっきより綺麗に見えた

あぁ きみが隣にいるからかなぁ