あなたの知らない未来まで – HIGH BONE MUSCLE

騒いだ光 目蓋の裏で 覚めないまま夢を見ていた
悲しみにも怒りにも似た 嗄れた愛のメロディ

嵐のように燃える情熱が 焼けつく息でさざめいてる
刻まれた日々 刹那の想い 澱んでも輝いてた

きっとあなたはそんなつもりじゃないことも僕は知ってる
だけどそれでも出会えて良かったって思う

その言葉と痛みと揺るぎない心が 今も僕の声を飛ばす
全部 剥き出しの魂を どこまでも燃やして 声枯らし叫んでいる
だから どうか 星のように輝けたら 声を聞かせて

親愛なる君よ 僕はまだ本当を歌えそうなんだ
このステージの熱狂に次ぐ絶叫 もっと浴びてみたいんだ
記憶の中でも歌ってたい いつまでも唄を歌われたい
あなたが知ることのなかった 未来を見に行くよ

その言葉と痛みと揺るぎない心を声枯らし叫んでいる
罪も過ちも越えて今を歌う あなたがいなくても大丈夫
騒ぐ光の中を 燃えるような情熱で 嗄れた愛のメロディを
だから どうか 星のように 輝けたら 声を聞かせて

その場所で僕と歌って