流星ダイアリー – H△G

送信ボタンを押す手は震えていた。
独りきりになりたくなくて。

スマホの中に作られたその世界で、
生きてく強さ探してた。

いつも部屋に引きこもって、
窓から見てた同じ星空。

流星のダイアリー、僕らが生きた証し。
蒼い闇の中、遭難してた。

何も見えない夜も、うずくまってた朝も、
乗り越えたらいつかあの星になれるかな。

メッセージが届く度に不安になって、
一喜一憂して過ごした夜は。

生きてる意味なんてないと言ってみたり、
本当の思いは隠していた。

こんな暗い自分のこと、
変えてくことが出来ますように。

流星のダイアリー、この夜の向こう側。
星に手が届きそうな気がした。

雨上がりの夜空のアスファルトの匂いがした

もうすぐそこまで夏が近づいていた。

流星のダイアリー、僕らが生きた証し。
蒼い闇の中、遭難してた。

何も見えない夜も、うずくまってた朝も、
乗り越えたらいつかあの星になれるかな。