籠の中の鳥は合図を待って茶ばんでしまった羽を見て首を吊ってアスファルト 白い雲 パラソルと ママの顔ジュリアナトーキョー 踊り狂って 朝の死に化粧君はジェットマシン 片手にアスピリン屋根裏のヘンリーも欲しいものは変わらないよねえミスター 奪うことばかり僕の期待を知ってるの?ねえシスター 同じ繰り返し胸の痛みは残ってるの?D.E.B.O.R.A 君の定点観測いつも通り 噂話の一つや二つ銀紙で包んでも
サウンドクルージング 行く当てもないあの線路沿いを行けるとこまで歩いてくナイトクルージング この街は風が吹かないけどどこ吹く風で歩いてく夜更けの摩天楼 そんな顔していたっけ並んで歩いた 二人の間に雨が降って止んできっと僕招かれざる客不安にさせるのも君の作戦の一つ?幾何学模様のワンピース解き明かせない君の思考回路と重なって会話は的外れだけど 窓越しの月よりもその目に映った方を忘れないでしょう見つめて
曲がったことが大嫌いなあいつ 僕の背骨奪ってニューヨークの高層ビル 隙間縫うようにU.F.O. 見つけたとさ曲がったことが大嫌いなあいつ 僕の背骨奪って七つの海を越えて誰も知らない国を探したとさケタケタ笑って あいつ虹を目指してる5分前の僕には想像もつかなかったね君はきっと知っている夜の向こうで待っているカラカラに干からびたこの目玉口に含んでよこんなの見たことも聞いたこともないって、不安手を取るか
夏は去ったまんましまい忘れた風鈴の音がごめん、ちょっとタンマやっぱ何とかしなくちゃ風邪を引いたら 悪いとこばっか目についちゃって 何か嫌んなっちゃうな情報過多なんだ 雨が降るかは猫が顔を洗ったのか それくらいでいいのに息が詰まりそうさ何の選び方も知らなくて最寄りのコンビニエンスストアで迷子あきれちゃうなIm a touristか 追跡者なのかわかんなくなった 或いは同じなのかYoure dreaming
ちょっとくらいの雨なら 俺は傘なんて差さないし白い目で見られるのは 別に何も構わないしうぬぼれていた朝でも 夜が蝕んで なんだかな大事な気がして持ってた それは捨てようか 重いからハンカチを持たないなら 流した涙はそのままでここで息ができないなら 海の底へ引っ越そうかそんなに先を急ぐなら どうぞお先に乗り込んで転んだのが君でも 怒られるのは俺だとさ鏡が全部割れたなら 作り笑いはできないしここで息が
ロックンロール・プランクスターでハイディハイディホークリスチャン・ルブタンの赤い魔法ロックンロール・プランクスターでハイディハイディホー空っぽの日々なら飽き飽きだろ俺は自由なゴミ 風に吹かれるビニールbrothers & sistersもハイディハイディホー不安ならあるさ 当たり前だろそう言わないで綺麗なものだけ見させてよ間違ったって虹が出ないならでっち上げよう死ぬまで生きたら褒めてよBaby, do
キャンドルが消えるまで話そう消えるまで話そう飲み干したカップは悟られないよう何度も口に運びタクシーのライト 時に照らされて踊るように歩いて手と手が触れあっても気付かないふりアスファルトはまだ熱を孕んで君に花束を買ってあげたいのに明日、雨が降るらしい次の約束を交わそうとしたのに裾が揺れて、マリー随分と髪が伸びたようでそれ後ろで縛ってピアスに初めて気付いた 初めて気付いた相槌が得意になって ちょっと嫌
会えない日は想像するの髪の匂いは?部屋にはきっとイングリッド・バーグマンの古いポスター頭の中は見せられない代わりに作ったプレイリストを夢でなら聴いて踊ってよそしたら今度は君の番ねえどんな声で?前のめりなテンポも君のスタイル気持ち良さそうで両手で包むのはぎこちないけど見つめっぱなしで隣に座ったらそれが合図喉が渇いたよすれ違うと残り香を吸って気持ち悪いね君の映った写真を拾って何をしようね綺麗なはずの恋
ああいつか薄紅の頬が手を振った街の灯りに揺れた二人は始まらないラストシーンは特にない空になったグラス越しの嘘はサーカスのカーテンコールのようでこの夜は掴めない明日へと繋がらない馬鹿にして口づけてだってこんなのただのジョーク本気にしないで笑ってよだってそんなのただのジョークこんな風に出会わせてきっと神様は意外とシュール握った手以外忘れて戻れなくなるから期待なら全部捨ててだってこんなのただのジョーク痛
太陽が眩しくてまた一つ嘘をついたの上手く行くよと日々は過ぎ去って吸ってる煙草も変わったけどその気持ちはどう?もうここにいることはないよ会いたくなったら手紙を書こうよDont careMove onIts so hardBut boys, dont cry!Dont careMove onBe yourselfCause boys dont cry愛をなくしたと怖くなる夜は途端誰にも会え
「時を止めて」と言った彼女は今じゃ(すっかり真っ白なダイアリー 部屋に転がってたフィルムケース)「早く過ぎて」と祈った彼も今じゃ(すっかり真っ白なダイアリー 部屋に転がってたフィルムケース)君の服の趣味が変わって頬を湿った風が掠めたあの角にはかつて本屋があって(すっかり真っ白なダイアリー 部屋に転がってたフィルムケース)日焼けの君はアイスを頬張って(すっかり真っ白なダイアリー 部屋に転がってたフィ
待ちに待ったペレストロイカかと思ったらまたパラノイア裸の王様インフルエンサーおかげで独りマスターベーター無理矢理描いたフォッサマグナ刻み続けるタイプライターセンス皆無のパイドパイパーこの世に何一つ残せなくても死に顔が綺麗ならいいでしょ?素敵な負け犬 もう気にもしないんだね時代を超える ゴッホさながらなんだぜ素敵な負け犬 けど楽しんでんだね未来を憂うのは いずれお前らでちゃちなフェイクに頬擦りしてん
君が死んで本当によかった会話にもしばらく困らないから沈みゆく下水道の海を孤独さえもここじゃ優しい君が部屋を出る音がこだましてる窓の外の月に僕は見とれてる笑っている悪魔にそそのかされたのさ終わることのない夢の中割れたガラスを踏み踊るのさ懐かしい気分で嘘を吐いて金を手に入れる削るほどの身は残っていないから裏切られることも厭わない殺し合うより許し合う方がいい最低を知って僕は美しくなるすれ違いゆく友を恋し
ロートレックの最後のキスが骨になるまで、砕け散るまで一握の砂 そんな夢を見たマッシュルームカットの君は笑って大きな前歯見せて笑って僕はただ抱きしめてみたいのさ下鴨神社に願いをレスキューの (音が)聞こえたら (今夜)そこにいて (君は)そこにいて (そこにいて)今日もまた君を探して自転車乗って町から町へヘルシンキは春を前に嵐が来て雷が鳴って少し意外そうな君はどこ?昼も夜も (君を)求めるよ (そし
love is over で give me some more 私love is over で kill me in summer お前love is over で give me
答えは一つだと思っていたから君に会えなかった信じたいものしか信じないから君に会えなかった本当はもっと 単純だけど僕はずっと 恐れていた本当はもっと ありふれて進むために 終わりを描こう言葉よりも速く南へとサヨナラさThis is a pen.Death is a friend.何も無くしてなんかいないよ変わろうとしたのは間違いじゃないけど正解ではなかった変えようとしたのは無駄じゃないけどどこか間違
あればあるでうっとうしくて 無ければ無いで途端に不安で電車もバスももうない夜に君は一体どこを彷徨っているんだろう?酔ってフラフラの頭に 黴臭いノイズ垂れ流して終わってしまったレコードに気付かないで君のことを考えているI didnt want you till I met youスキンして?あとは好きにして?スキンして?あとは好きにして?好きにして!信じたいものしか信じないよ 幸せに暮らしていたい
ネオンシスター 夜の街を抜けて南へと行く話すそばから見透かしているのに湿った夜は目配せと相槌窓の無い部屋は君の光だけが頼りでその輝きに甘えていたネオンシスター この街は汚い灯りを消して ねえ眠るまで見守ってたいよ今日はもうお休み髪の匂いもミルク色の空も繋いだ右手も雨に濡れた路地も笑顔は常に正しいと思っていた眩しいからいつも見落としていたネオンシスター 割れた電球を踏んで血が滲む抱きしめるから泣いて
Whats up Justin? もうアレかい?クレイジーなパーティーにはウンザリ?溢れ返るマガジン 汚れなき処女に別れを告げて さあ泳ぎだすマイアミ!マイアミ!マイアミ!Whats up Justin? もう駄目かい?勝手な期待にはウンザリ?火曜はロボトミー 止まらない鼻血ママの裸は見たくないマイアミ!マイアミ!マイアミ!Whats up Justin? めちゃくちゃな倫理言いたい奴らには
朝ぼらけ バスを待ちぼうけno futureのブライダルビーチへ行こう 憧れのプーケット何もかも置き去りでユーティナイ?blur blur blur…彼女はミス・リトル・ヴァンパイア(僕らのempire)うらぶれたラブレターは破れたらバラ撒いて地獄へ行こう 膝にはブランケット星屑を拾い集めてニーアライカップ?blur blur blur…真っ白な胸に口付けを飲み干した君のレモネード時計は今度買って
最低だ 金無いし 寝れないし ヤレないバイトは 辞めたいし 頭痛いし あいつ嫌いパーティーは永遠に続かないし段々それも効かなくなって抜け出したいあいつは総理 boring lorry, babyあいつは総理 boring lorry, babyあいつは総理 boring lorry, baby最低だ 血出るし 着信無いし モテない友達は 死んじゃうし 帰れないし あいつ嫌いベンジーはグレッチでぶた
ドラッグストアで出会った君は 白い肌に レモンの匂いいつまでも一緒にいたいね そんなことは よくある話三週目のlipstick ポケットに入れて消えた三週目のlipstick ポケットに入れて消えたなくしてしまうよな あると思ってしまうよな不器用なくせにいつだって 二つ返事 時はすでに夏が来たら君のことは ほんの少し どうでもよくなる八週目のlipstick 口に当てて折れた八週目のlipstick
あのベンチはもうない今は町になったのかもしれないあの夏にはもう戻れない君の服の色が忘れられない変わっていく薄れていく終わっていく終わっていくあのベンチはもうない最初からなかったのかもしれないあの朝にはもう戻れない何を話したか思い出せない変わっていく薄れていく終わっていく終わっていくあのベンチはもうないいつかの君と目が合ったそんな顔しないでおくれよああそうだ君は僕だったんだ変わっていく薄れていく終わ
声を聞かせておくれよ難しいことじゃないだろ?難しいことじゃなかったけど難しいことになってしまった声を聞かせておくれよ電話とかもっとすればよかったけど大切なものはいつもそうあーあ
僕は何にも持ってないのに君は何をそんなに求めるの?継ぎ接ぎだらけのイメージで語る 夜が明けてとても恥ずかしくなる白目を剥いたサディストも ロシアンブルーのチシャ猫もアレがない僕の貧弱な想像 この部屋は四角いままで日が暮れるフラッシュバック you know? 弾ける頭脳答えを求めてさまよう信号Clap! Clap! boy とりあえずここまで来たんなら 一瞬だけど夢にまで見たダイヤモンドだよ baby
無くしたような気がしていた 振り向くことをただ恐れて気付かない振りをしていた 傷が無い振りもしていた夜は繰り返しやってきて音も匂いも移ろい行くHow are you?そっちはどう? 見落とすことも遠くへ行っても嬉しさ募るよあふれる想いは目と目に注いでやり直しの合図は手と手繋いでそのまま疲れ果てたら眠って君の春になるゆるやかに越える山は 遠い未来の羅針盤お気に入りのスカートを穿いた君は いつもより上
左目を突ついて 中身がどろりと出てきただけど死なないで 愛しい人緑色の悪魔が誘う吐息はジンジャーエールだけど行かないで 愛しい人地獄でワルツを踊りましょう皮を剥いだらもう 僕ら似た者同士口付けを交わして そのまま首を絞めたよだけど死なないで 愛しい人青白い炎が絵の具の中に溶け出しただけど泣かないで 愛しい人地獄でワルツを踊りましょう皮を剥いだらもう 僕ら似た者同士心臓を見せ合ったりホルマリンの海泳
何でもう会えないの?二日前までは君のこと君のママやパパなんかよりずっと知っていたはずなのに何でもう見えないの?どこの扉を開いても真っ暗闇 落ちてるのは君が一番綺麗だった時の写真だけThis video has been deleted恥ずかしいことさせてごめんね?喜んでいると思ってたよ何にも言わず去っていく君は優しい子だったね僕は馬鹿だなあThis video has been deleted
春がもうすぐやって来て風邪かと思った 風邪かと思った朝早く目が覚めてから昨日とは違った 昨日とは違ったよく晴れた日の消えそうな雲を目で追って 雲を目で追って缶コーヒーの甘さも今日だけは不快じゃない 煙草をぷかり戸惑ってる 久しぶりに恥ずかしそうに笑う 昨夜の君にこんな気持ちはいけないよな期待しているわけじゃないけどこんな気持ちは駄目なのかな? なあ心の在処久しぶりにわかったような わかったような森
カーテンを開けて月を指で撫でたあとに弾いてブラウン管に映るMTVが恋しいわって笑って服を着た床に落ちたフォーチュンクッキーつまみ上げて目に当てる明日がわかったことなんて一度だってないわって灯りを消す今まで交わしたキスの数が今の彼女を作ってるんだろうわかってたんだけどなLast night she was sleeping on my bedAll night its sitting on my head