ただひとつの細胞刻まれてる愛を宇宙が産まれた時から探してる 僕らの心模様散らかった部屋のよう山積みの感情の奥にあるはずさ アブノーマル誰かが僕を夢見がちだって笑ってもいいよアブノーマル最後にきっと 世界を救うのは君のハートだけだよ シナリオはいつも偉い人が作るの右倣えで生き死にさえも変わっていく その優れた頭脳で目を覚ましていようぜ続いていく未来 守れるのは僕らだけ アブノーマル奪い合うも本能なんだって言っ
チョコレート レモネード体が求めてるのいつでも どうしても本能のフリした煩悩 シュガーレス・ライフ誘惑を撥ね除けて君だけを選ぶよ ベイビー心まで奪われてゾンビになってしまう前に 抑制も特例もここでは法律次第本当に 危ない物はちょっとずつ 混ぜられてる シュガーレス・ライフ純白の欲望に汚されてしまってるの 世界気づいたら 堕ちてってるパラシュート開いて!お願い誘惑を撥ね除けて君だけを選ぶよ ベイビー心まで
僕たちの一生なんて火花みたいに一瞬で狭い部屋で迷う間にひっそりと燃え尽きてしまう “涙まみれの世界さ 無意味なものだ”と他人は言うけれど 愛がもしも神様のプログラムだったとしても君を想う痛みは 確かに僕を導いていく 産まれ落ちた目的なんて何も教えてくれなかった瞬間で もう気づいた君は勇敢にも唱えてくれた 青いはずのこの星が赤い血で染まらないように 高らかに 愛を知らないなら自分じゃない誰かのため喜びを 時に
愛の揺らぎを鳴らしに来たのさ 今夜君と僕で楽園建てようぜWe’re ラヴ・ビルダーズ 小さな世界 期待にはまだ遠いけどこの手を伸ばさなくちゃ 何も触れない人は寂しい虚しいって笑顔で泣いてる何万年も前から変わらない 僕らだから 心のまま踏み出す勇気はきっと君と出会い 進化した証We’re ラヴ・ビルダーズ 身勝手な悪魔が平和を揺さぶっても時には全てが壊れてしまっても痛みを知った僕らは強
フワフワな態度に キレキレなアイロニー乗り切れぬ今夜の はなむけの言葉はJoy to the lifeおどけてるアンタに 届けてるファンタジーやり切れぬ荒野の 花びらは謳うよJoy to the life泣きながら踊れ 愛が舞い上がってる世界何も無いわけがないじゃないL・O・V・Eじゃない? 「流行り」のミスリードに 騙されるな1.2.3無機質なデータの波を乗りこなせばJoy to the life泣きながら踊れ AIに
晴れてよかった張り裂けそうな悲しい日は雨に釣られて泣けてくるから丁度いいよ 誰も彼もどうやって乗り越えてるの甘えきった私は明日も分からないのに さよならを言えるほどにまだ私 強くなれない思い出は回り続け心まですり潰してゆく 趣味も変えて髪も切って新しくなってそんなものは気休めだって笑えないわ どこに居るの痛いほど好きな人君が消えたら私じゃなくなりそうで さよならを言えるほどにまだ私 強くなれないなにもかもく
七つの海をまたにかけても神の名前を語りかけても愛がなきゃ心までは 響かない 言葉全てが解らなくても西と東で生まれ育っても知りたいなハロー!から始めよう 僕らは旅人優しくなれる導きあえる仲間さがすよ人生は続いていく想い通えば近づく世界また君に会いに行くよ 肩書きだとか 誰の子だとか気にもしないで 見つけてくれてありがとう君の目は きれいな鏡 映る自分が 輝けるように素敵な君に恥じないように生きたいな喜びを繋
真夜中の密会 あわよくばの期待目的は明快 あの子に触りたい めくるめく求愛 明るめのムーンライトまぶしすぎて嫌い 神サマにグッドナイト ロマンティックなハートが色めいたら二人はひとつになるんだ甘えてくムードに流されたら私はひとりじゃないんだ 射抜かれて命中 気づけば寄生虫絡みついていたい 神サマにグッバイ ロマンティックなハートが色めいたら二人はひとつになるんだ甘えてくムードに流されたら私はひとりじゃない
触れてみてそっと 溶け合ってたいの思ったよりずっと 我慢できないの明け方の妄想 目が覚めて暴走寝そべってターンライト 横顔が足りない 求めるままに 追いかけたシルエット乙女のままで 結い上げたコルセットタイムリミットは だいぶヴィヴィットな月夜のマンデイ さよならの運命? 貴方を誘い出す とびきりの嘘吐こう秘密の花園で抱きしめて 流星のような 雨に打たれて修正不能な 恋路は絶たれた呪いのループは 想いの
妙に澄んだ真冬の夜明けが綺麗すぎて部屋を出るの躊躇したんだ清く正しく生きていくつもりが汚れつちまつた心と躯 唇から零れる唄だけが道標それだけでいいのさ私の生きる希望は東京の渦のなか産まれ重ねていく旋律 大正生まれの彼女は泣いていた惨い傷はひとつも乾いていないのだ噛みしめる様に語る 1945赤い壁に焼きついた影 ひとの哀しみの上に成り立つあらゆることを正義とは呼べないさ私が生かされる理由が長崎の過去、未来を
脳をもっと揺らしてほしいの記憶なんて飛ばしてプラシーボほんのちょっと覚えていれば細胞に刻まれるわ 悦びも 哀しみもかき混ざっていく ロングトーンが永遠にさらってくれればいいのに生まれ落ちた時からずっとそう祈ってきたはずなのに 愛せたら 赦せたらトリップしそうな気分 愛しあえば 赦しあえば未体験のヘヴン
コンクリート 足がもつれる陽炎妄想する間もない せわしい街でデッドヒート 未来の僕に賭けよう逃走も容易い 薄情な世界で 走り出せ少年少女心まで枯れるのは御免だ夢を見よ老若男女永遠なる青春時代弾けそうなほど野望膨らんでる コンプリート!重なる音符に希望想像をレッツドロウ 閃き止めないでハートビート 高鳴る胸の指揮棒混沌をコントロール 導けその手で 嘲笑えばいいよ 僕は無敵だ失うものなんてないさ泣いていいよ
最終電車で夢を見てたまだ幼い僕らの 時は流れて 出会いも別れもただ繰り返すばかり 大人になれば分かるとか まだ子供だとか知らないよあなたに会いたい 心配しないでね 弱音吐いてもまた歩きだすから 心の中で手紙書くね 向かいの家の猫や伸びた髪のことも 変わらない愛も 涙が雲に変わったら神様 僕を隠して雨が止んだら 笑うからあの人に見えないように 泣かせて 最終電車で夢を見てたまだ幼い僕らの心配しないでね 弱音吐い
無駄に枯れてった虚しく消えてった届きそうで触れられないから 君は壊したまるで子供のように君が君でいられないから ねぇいつかそれは世界を救うはずなのに眠りにつく時 ただ泣きながら後悔するの 飲み込まれそうな遭難しそうな闇が心の中押し寄せて 君は求めたまるで赤子のように君が君でいられなかったの? ねぇいつかそれは世界を救うはずなのに眠りにつく時 ただ泣きながら後悔するの ねぇいつかそれは僕らを救うはずなのに眠りに
一秒、一秒と時が落ちていく鳴けないあなたの涙がみたいのまぶたの裏から現れるまで死ねないな 眠れよ、眠れと月が急かしている泣かないあなたを泣かせてみたいの夢じゃないところで手を振るまで生きていたいな
繋いだって不完全で常に不感症だ喰らって 骨まで君に溶けたい 枯れるまで鳴いてよ明日なんて蜃気楼よ壊れたっていいのよ何度でも愛してあげる 辛い だって無関心で常に無感情だ暗くて 綺麗な眼で私を射抜いて 枯れるまで抱いてよ明日なんて蜃気楼よ壊れたっていいのよ最後まで愛してあげる 私を射抜いて 枯れるまで鳴いてよ明日なんて蜃気楼よ壊れたっていいのよ何度でも愛してあげる枯れるまで抱いてよ明日なんて蜃気楼よ壊れたって
リンリン鳴る鍵の音全部暴いてみたい100個 ドア開けたらやっと君に触れた 舞った夢の香りもっと踊っていたいさっき、逃避の果て到着したんだから Crazy dream at crazy roomTonight Crazy dream at crazy roomTonight プリーズプリーズ、甘い唇もっと食べてみたいゼリーのようにとろけて君消えちゃうのね 去った夢は終焉もっとここにいたいさっき、現実から逃げてきたのにさ Cra
I wanna catch youI wanna turn back the clocksI wanna meet youI wanna break
真新しい阿呆らしい赤っ恥晒し口ずさむ 極楽カノン真っ当な歌ばかり 葛藤なく生きるなんて到底不可能 ハロー カモン こっちがヘブンって甘い言葉こそが毒薬かも雑踏くぐり抜けて会いに行く I need you 食らいに行く Would you like こっちへおいでよ美味しくできたから 道草食うつもりで停まった徒然なるふたりが出逢った道草食うつもりが困った徒然なるふたりの目合った いつもほら命からがら挑んだら玉砕 あら
真っ赤な嘘 白々しい殺気立って躁 憎たらしい噛みつきたい 超えそう境界線現実にしたい 妄想回線 色は匂えど散る前に食えよ引きずり込んだらめちゃくちゃに愛してやりたい 恥じらってもう 意気地なしさっきだってそう 感づいてるし蹴り飛ばしたい 頂上強奪戦真実が主体 9Qパーセント 色香に酔えど 死ぬ前に喰らうよ縛り上げたらもう二度と逃がしてあげない 色は匂えど散る前に食えよ望み通りに君は私のものだ
散々経って今更気付いたの君にプレゼントすべきだった物花でも鍵でもケーキでもなくもちろんそう、私でもなく それは…甲斐甲斐しく電車乗り継いだ先待ってるマジカルミステリーツアー史上最.にサイケデリックな夜全部燃やして投下するワード「Stop! I don’t need.続きは次の夢で!」 嫌々だってだんだん気付いたの君のクラッシュした脳は理不尽ね寝ても冷めても感じたいのはどうしても、私ではない せめて
偏った良心であげたのは愛だっけとても滑稽で邪 欲しいのはこころで満ちたのはからだでどれも純粋で逆 私が消えても世界とまるで関係ないようです神様私を捨てたらこの世がまるで天国のようです 象った決心で着いたのが今日なんですジャマな人格は堂々成敗 決められた運命を削り取った際限なく果てる寿命も重々承知 私が消えても世界とまるで関係ないようです神様新しいいのちでこの世がやっと天国のようです 私が消えても世界とまるで関
ただ平和な午後うるさい昨日を破り捨て亡き者にしようしくじって荒れる 人生の中身ほら自業自得と空が言う 停滞した午後やましい気持ちに名前を付けて飲み込もう人に言えない 前に進めないジャラ蜜なめたら 終わらせよう ゆらゆれる ゆらゆれる嘘だらけ 私を見ないで 雪解けの午後 消えてしまいたい ゆらゆれる ゆらゆれる誰でもない 私を忘れて
忘れるのが上手になったから錆びた冬の窓辺とはもうお別れ 守りたいもの あとわずかで守れないもの 無下にしちゃった 嘘つくのが恐怖になったけど天国から遠のいていくばかりね 叶えたい小宇宙 広がって叶わないことほど きらめいた桃色 花霞の向こう離せない 優しく冷たい手叶えたい小宇宙 広がって叶うかな 身体の果てる日まで
まだ離れたくないと言えずにいて今日を染める Morning glow まだ約束もないの 揺れている表情読み取れないよ 信号の赤で時間がstop生まれてから今まで一番尊い場所がここにあるこの世界が終わるのが今ならいい特別に思うのは私だけなの? まだ忘れられないと 絡み付いた過去照らす Morning lightもう触れられない予感と 与えられた距離冷えていくの 信号の青で時間がstart生まれてから今まで一番欲
深い霧が晴れたら いっそ連れ去ってしまいたいひとり孤独のダンスフロアで待っていてよ 震えて 祭列は続く おごそかなステップで死にたくなるくらい君の幸せも願えない 月の夜は祝福のカーニバル 花に紛れたら行方をくらまそう無理矢理に Grab your hand! 憂い時が暮れたら きっと悔やんだりするだろうふたり未完のアイデアにジャンプしていざ飛び込め 祭列(パレード)は続く 置いていかないで知らないどこかの誰
だれるウェーブオリーブ光る髪無粋なジョーク騙しの女神 おびき寄せる 毒のアイスクリーム純愛を返せ 邪悪なハニー Amor…No more! 叩き出せ 極限でスクリーム茶番は仕舞え 不埒なハニー Amor…No more!
まだ未知のパラダイス無意味よカテゴライズ明日も気になるサウンズまずは夢見るダンス 別にルールはないここを抜け出したい絶対なんてない全部塗り替えたい Go aliveYou & II don’t wanna die 気を抜けばすぐカオス見えない未来ですまた投げられるダイス容赦ない時代です 人に輪廻はない!?一度を生きていたい枯れるつもりはない永遠を知りたい Go aliveYou & II don
燃えるような喉で途切れそうな声で命を吐き出して宙に舞うメロディ凍りついた日々を溶かす唯一の鍵 止まらない時計は戻らない光景は捨てて裸足で歩く叶わない誓いは揺らがない後悔は捨てて裸足で歩く もう失くしてしまったもう沈んでしまった理想を呼び出した忍び寄るボーダーライン逃げ回る日々を壊す最後の旅 罪も罰も飲み込んで傷ついた身体でただ未来へ登る君も愛も抱えて残された魂でただ未来へ登る Waterfall in my h
独りぼっちの君を暖めてあげたいの涙で世界が歪んだその時はPlease call me!Stand by youI love youI wanna be your girl 強がってる君を可愛がってあげたいの君が欲しいのが私じゃなくてもPlease call me!Stand by