天気雨 – HARCO

少しだけ眠い月をこすって歩くのは曇った午後3時
いつもだったならば向かった駅のまわりのビルを見上げるのに
俯いたまま

いくつもの雲を感じるたびむなしさに押しつぶされそうだ
ねぇリラックスしてさらっと今をなんとなくやり過ごせたならば
どんなにいいだろう

天気雨 降り出して太陽が 僕を照らすなんてどうかしてるんだ
雲間から得意気な空が見えた
たしかに青いけど虹はひとつも見えない

何回もため息がこぼれ、そのたびににわか雨が落ちた
僕はいったい何について苛立ちを抱えて歩いているの?
雨は止んだ

恋しくて涙目になる午後はひとりではないとちょっと言って欲しいんだ
誰のせいにしたって夜は来るから子犬のように僕は首を振って…
虹を追え!
恋しさに焦がれたら人波が僕を包むほど誰かに会いたい
何のせいにしたっていつまでたっても子犬のように息を切らしてはいられない
天気雨過ぎ去った雲間から
夜は見つめるけど星はひとつも見えない

コメントを残す