きみは まだ なにも しらないひろい ひろい そとの せかいおもいきって いえを とびだそう さわってみよう よごれてみようみつめてみよう であってみよう しまじろうと いこうよもじもじしてる ひまは ないひろい ひろい あたらしい せかい びっくり するような ことも あるふれてみるのが こわいときも あるだけど そこで たちどまったらビッグには なれないかもね しまじろうは いくよきみと いっしょに 
親子のシルエット 西日に溶けて朱色のドームに吸い込まれていく いびつな雲を束ねて遊ぶ家路は遠く だけどずっとここにいる 昔の自分に電話をかけるよいつかこんな日が来ると教えたい 小さな靴で踏み込むあらゆる道をつないでいくだけで精一杯 親子のシルエット いつか流した涙のプールの水面に揺れる 永遠という言葉はあっても時計は進む だからまだここにいる 未来の自分にメールを送るよ脇目も振らずにただ進めばいい 無邪気な声で
着慣れたシャツの釦をとめて トースターの焦げあとを眺め時間を運ぶフォークリフトに ふと別れを告げたくなる朝 風に逆らい飛ぶツバメさえ いつかは帰る愛しき我が家こんなに長く戻らなければ 街の顔つきだって違ってる きっと誰も忙しくしてるけど会いに行ったら、なんて言われるかな さぁ 帰ろう ホームタウンチケットを探そうちょっとだけ立ち止まって今日から抜け出そうWonderful Communicationみんな
このドアの向こう側 ひとりじゃ行けないんだだからこそ 進むのさ 本当の君はスーパースター 「好きなこと見つけたい」って誰かにそう 言ってたね みんな、君だけを待ってる そこに明日があるから僕らが暮らす町のざわめきを越えてつながっている この空の向こう側 みんな知らないけどだからこそ 飛び立とう 月より遠くへ行こう いつの日か 大人になって思い出す 今日のこと みんな、君だけを待ってる そこに僕らはいるからい
街の音をリズムに変えて 踊り続けても「そんなの無理」って皆 口を揃えて言うんだ 前と後ろ 間違えてるって 笑われてるのに無理矢理 おどけてみせて 踏み鳴らすのさ 魔法のステップ 僕に見せて 転ばないように泣き出しそうな 空を見上げて 大どんでん返しさ!イバラの道を貫け 手を引いて歩くよ指きりして 約束してあげる 風の音にメロディ乗せて 唄い続けても「そんなの嘘」って皆 口を揃えて言うんだ 振り返れば 誰も
大きな噴水のなか コインの数だけきらめいた光は多くの願いをくらませる 浮かんだ虹の向こうに 姿を見せる過去や未来彼らは今日という輝きを見ていた 一度きりの僕の旅は どこへ向かうのだろう誰かにそっと背中を押され ここまで来たけど ひとりきりで生まれてから 君を探して歩き回りはぐれる前の二人に戻れたとしても続くよ ジャーニー 目的地を見失って 荷物を下ろしかけたときはひとつの想いに振り回されていた 正直に生きて
どこかで聞いた音がする ささやき声よりも静かに指の中を転がりながら 心に寄り添う文房具の音 あの人の横顔がちらつく そんな日は削りたての鉛筆で描いてみる トキメキに寄り添う文房具の音 できれば小さな贅沢を 僕の手のひらにください寂しいときも 触れるだけで ホッとする あの人と初めての約束した今日はルーズな癖をやめて いつもより早めに出かけよう文房具を連れて たとえば小さな冒険を 僕の靴底にください歩いたぶ
コスモスの道を駅まで歩いた去り行く季節の歌を聴きながら 汗ばむ背中で受け止めた声に僕はちっとも気付かずに鼻を鳴らした 誰かの手が はずす僕のイヤフォン振り向けばそこに 得意げな君の顔 響き合うぼくらの呼び声に重なり始めた街のざわめく音 思い付く言葉をつないでは君の声を聴きながら、胸に手を当てる バイパスを越えて届く風よりもぼくらの話が途切れないように 大きな身振りで黄昏を隠すだけどちょっぴり空回り 肩を落とし
膝を抱えて泣いているから いつも答えは YES NO YES NO今日もここから街を見下ろし 春の気配を探している 明くる朝、種をまくまるでゴッホの絵のように黄金色の陽の光を浴びながら バルコニーファーマーときどきは見ているよ朝になれば 僕の涙をあげるよ 唇を噛み歩き続けた 君の答えも YES NO YES NO思いがけない夕立ちのなか 脱げたヒールを探している 道ばたにしゃがみ込み神様にすがるように見上げた空そこに花が
小さな窓の向こう そっと手を振る人白いカーテン越しに立って 僕を見送るから昨日をかたどる影 もう 責めはしないさ旅立ちの日に合わせるように 咲いたクレマチスも 先を急いでいる渡り鳥のあとを追いかけて空を駆けていこう 滑走路は 生まれた街 地平線の向こうにある もうひとつの太陽の下でせいいっぱい生きてゆこう いつか君を迎える日まで 夕焼け 一番星 ふと見上げながら胸に残した覚え書きを 少し読み返した心をふ
海底で僕は砂を蹴り 青い闇 その先を急ぐため込んだ宿題をトランクに詰めて 行く手はでこぼこ道 でもぼくらのバギーはご機嫌さ目的は城の地図 時間は迫ってる 奇天烈なアイツの話のなかの言葉どおり 世界は変わる南極の氷を溶かす王様の望みどおり 世界が終わる どうすればいいのか分からないまま 先へ先へと 生物が海を離れ 今、連想ゲームを繰り返すあの頃の面影が水面に浮かんでる わがままな性格の水中バギー無理をしてヒー
最後の花火揺れて落ちた夕暮れ 帰り道君は今、涙こらえてる小さく肩寄せ歩いてる なぐさめてみても 最後まで僕を見上げてくれないけど優しさを忘れずに生きていこうねと 夏は終わり 君の匂いソーダ水の泡に溶けたまた来年きっと会えるように日に焼けた君は僕の 夏のヒーロー 風が運んだ君の手紙 何度も読み返す震えてる文字の向こうから 想いは強く伝わるから 確かめてみたい この距離を引き返すことは出来ないけど大切に毎日を
流れる人の波に乗り家路を急ぎ今日だけは部屋を暗くして キャンドルが揺らす人の影呼び覚ます祈り誰もが息をひそめている 何故ならそれは街じゅうの明かりを消して見つめ合う灯火 流れ着いたこの夜の通りを行けば溢れ来る人の声僕らが暮らす地球の声 例えばそれはかぎりなく遠い昔の誰かの置き手紙 たどり着いたこの街の夜空はどんな戸惑いを抱きながら眠るのだろうキャンドルを灯す夜僕らが暮らす地球の夜
この街のどこか遠くで 君の声が聞こえる風に流されてしまいそうなほど かすかな奇跡だった姿は見えないけれど 君の頬にふれて流れる涙をすくいあげよう きっと今 ここにいるんだろう 昨日ポストに入れた手紙の宛先はないだからどこかの国の切手を貼っておいたけど返事が届いたのは花屋の角で気が付いた今日の言葉で君が咲いていたから 残されていたわずかな時間を 僕らはちっとも知りえずに勝手気ままに生きてた 陽が暮れるの
眠れない夜 まぶたの裏を旅して遠い国の交差点で 旅券を手に待ちぼうけ遠吠えのように 響く銃声のなかで少女の手が僕に迫り 思わず跳ねおきた そう 今も部屋のパソコンから世界地図を広げてみても 君の手は掴めない雲の上では戦闘機が散らばった 翼を背に今 飛び立てたならば君をこの両手に 抱えて連れ出そういつになったら人は許し合うのだろう神様の両手が今にもこの星を振り落としそうなんだ 炎を上げて燃え盛るあの子の家
雨音に閉ざされ 僕は目を覚まさない読み終えたばかりの本の中で眠っている 雨粒の重さに蝙蝠が息を切らすサヨナラも告げず落ちて行く 湖の底へ どこにもいけない 外は雨降りさ魚になった夢を見て眠っていた粗目硝子の水面を抜けて 高く高く 飛び跳ねた 地球儀をまわせば今日はどこも雨降りさ世界の子供達 本の中で眠っている 雨音のリズムに突き動かされるように靴箱を広げ 飛び出した 雨雲の下へ 行き先知らぬ バスに乗り込ん
真っ白な陶磁器を眺めてはあきもせずかといってふれもせずそんな風に君のまわりで僕の一日が過ぎてゆく 目の前の紙くずは古くさい手紙だし自分でもおかしいし破りすてて寝ころがれば僕の一日が過ぎてゆく ある日踏切のむこうに君がいて通り過ぎる汽車を待つ遮断機が上がり振りむいた君はもう大人の顔をしてるだろう この腕をさしのべてその肩を抱きしめてありふれた幸せに落ち込めればいいのだけど今日も一日が過ぎてゆく 真っ白な陶磁
AH… 君は少しずつ変わっていくAH… 今日も僕は目が離せない鏡のなか 逆さまの明日に願いをかけようBE MY GIRL AO AO 君は会うたびAO AO 可愛くなって僕を惑わせるから AO AO 神様がほらAO AO ささやく日にはどうか移ろわないで 逃せない
壁に並ぶ写真の中には 遠い日の君がいてずっと先の今日を夢見てた 僕もほら、笑ってる ソングバードさえずるような朝靄の向こう側に広がってる街並みはまるで違う世界のよう このさきは僕が連れて行こう君はなんて言ってくれるだろう 書き連ねた日記の中から 足音を響かせて休むことなく今日を生きてきた 僕たちはここにいる 窓際のアゲハチョウ花びらを軽く蹴って大空へ吸い込まれてく未来の景色 探るように この街の陽が暮れる頃君の手をと
僕は知ってるよちゃんと見てるよ頑張ってる君のことずっと守ってあげるから君のために歌おう 当たり前と言うけど当たり前じゃない頑張ってる君のことちゃんとわかってあげたいから君のためのラブソング 君という太陽に僕という水をまくよ虹をつくろう虹をつくろう二人で大きな虹をつくろうラーラーラーラーラーラー たまにはけんかもしちゃうけどすぐに泣いちゃう君だけど 幸せって意味を教えてくれた君に感謝したいからちょっと照れく
Monday Mornings 寝ぼけてコーヒーをこぼせば日照り続きの心に水しぶきが舞う 明け方の夢のなか いわれのない疑いで身ぐるみを剥がされた そのせいだろう クシャミばかり 1 Minutes 窓をほんの少し開け2 Minutes 頬にグラノラ付けて3 Minutes いつも裏返しのシャツ天気予報 聞き逃す Monday Mornings あわてて鍵束を手にしてかき混ぜたミルクのように 螺旋を駆け下りる Si
激しく降る雨に洗い流される街の音肩を濡らしながら駆けていく学生たち ヴィヴラフォンみたいに歌い踊る横断歩道五線譜広げ タクトを振り下ろし進もう キラキラ光る雨粒と銀色の街羽根を濡らす燕のように 途切れ途切れの声の方へ 耳を傾けてビルの谷間へ吹く風に乗る どこにでもいるようで ここにしかいない人の影どこにでもあるようで ここからしか見えない街の景色 やまない午後の雨 静かに歌うのは紫陽花深く潜り込む駅も今日は
青白い夜桜に見惚れて風邪を引いた鼻声のカナリア そんな気分 夢から覚めてもまだ 夢のなか巡り巡って ここでずっと 待ちぼうけ そんな気分 新しい名前で呼ばれて 振り返る君は「サン・カン・シ・オン」とそっと呟いた春の法則(セオリー) いくつもの思い出を束ねてこの街を旅立っていくのは どんな気分? いつか観た映画さ ほら 憶えてる?僕が笑って 君が泣いた あの場面 そんな気分 懐かしい景色と出会って 立ちつくす
電磁波の届かない空 北の果てのあぜ道荷物をかかえた織姫を包む停留所のあかり うつむき顔をのぞき込み大人になった君の瞳を横切る都会の記憶にそっと息を飲んだ 星が導く 僕たちの幕が開けるよ草むらに潜むオーケストラが頷きあって つむぐBGM 北斗七星 君が探してるあいだに新しい歌をおぼえるよ今の君に釣りあうように 広げた僕の手のひらに飛び乗る天道虫背中の小さな羽をしまえずに息をひそめている 北極星を目印に帰り着い
空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突きぬけ 星になる火を吹いて 闇を裂き スーパー・シティが舞いあがる TOKIO TOKIOが二人を抱いたままTOKIO TOKIOが空を飛ぶ 海に浮んだ 光の泡だと おまえは言ってたね見つめていると 死にそうだと くわえ煙草で涙おとした TOKIO やさしい女が眠る街TOKIO TOKIOは夜に飛ぶ 欲しいなら 何もかも その手にできるよ A to Z夢を飼う 恋人に 奇跡をうみだす スーパ
朝 目が覚めると 知らない誰かの夢の続きしょうがないからって投げやりに 何かを捨てないで 心の地図は不思議なほど 僕らの近くにあって迷った時は 行くべきその道を 照らしてくれるはず 追い風より早く 走れるのなら時代が瞬きを忘れるくらい 驚かせてやれどんなカメラさえも 捉えきれない謎めいてどよめいて 風だけが吹き荒れる 手品みたいな 見えない合図で幕が上がる期待の星はいつも眩しく 僕らの夢乗せて それは世界
鍵を開けて ドアを開けて 怖いくらい透き通る空に垣間見えた 無窮の世界 あれからずっと遠い眼差し 行き交う人の影に隠れ 張り詰めた糸の上で身体を休める場所を 何度も見過ごし歩いてる 何もいらない 何も欲しくない 何も分からない 何かに変わりたい光の中では 暗闇は見えない 言葉の海 潜り込んで 泡のなかで心を開いて音のない世界に もう一人の自分が見えた きっとそこは旅の終わり 手足を丸め少し休もう水草にもた
隙間風 ふいにめくられたページの音で目覚めて切なくなる色付いた木々を照らすのはけして急がない真っ白な月 巡る季節はいつも通り僕の胸を震わせる夜運ぶ何度目の季節になるだろう何回目の夜を数えるだろう明日はどこに行くだろう いたずらに闇を怖がれば瞬く星の声は聴こえなくなる夜露に濡れて咲く花にも言葉は宿る 耳を澄まそう 日々の迷いはいつものように熱い胸を流れてはやがて消える何度目の眠りにつくだろう何回目の朝を迎
大きな橋を渡り 県境を越えたら夕立がこしらえた 水彩画のなかへ バックシートに物語ひとつ乗せて薄紫の街角 見紛う人影を振り払う 遠い日の夢 何度でも膨らませば紙風船 飛ばす子供のように 息は切れるばかり ああ 揺るぎない足取りでうちへ帰ろう常夜灯の虫たちも鳥の群れも 幼い日の空に消えてく 谷間の駅はやがて 黄金色の息を吐くガラスケースを磨く あの娘も帰る頃 祈りの声が雲に跳ね返されてもぬかるみをよけるように
階段を蹴っていつもの方角へ 朝靄を駆けぬけて道の向こうに手を振った君の 幻をみつけた 足早になって横切った公園の 時計は止まっていた木立のなかでほほえむ僕らの 声もあの日のまま 繋いでいくフィルムのように思い出がつまったこの街手つかずの道を探し歩けばそこには君の愛した花ばな 信号を待って見渡した空に 帰りそこねた月が明日の行き先を尋ねるけど 首を横に振った 地球儀を左に回しよみがえらせる僕の手を見かねた人