「あなたにとってわたしはただのひまつぶしでしかないの?」「あなたにとってあたしはきっと何番目かの女の子?」「本当のことを言わないで」「お願いだから、目をあわせてよ」嘘はつかないと言ったあなたの嘘に気付かずにいたあたしが悪いわあなたのその唇誰に触れたの?そんな顔しないでずるいなあ、嫌いにさせて嘘はつかないと言ったあなたの嘘に気付かずにいたあたしが悪いわあなたのその両手誰を抱いたの?そんな顔しないでず
アルバイトやめちゃって実家暮らしの彼氏はやりたいことがないってぼやいて携帯ゲームする「早く別れたほうがいい」って友達みんなに言われても情があり過ぎて辛いだらだら過ごして自己嫌悪今更どうやって別れるCHANGE×3はっきりできないあたしにもババイバイ新しくなるのよNEW ME NEW ME NEW先へ進むのよNEW ME NEW ME NEW振り返るなよNEW ME NEW ME NEWまだまだ遅く
I amブス You areブス ラララI amブス We areブス ラララTVの中のあの子みたいになれないことくらい知ってる振り返って見ないでわたし自信がないから『めんどくさいからすっぴんできちゃった』て余裕で出てくるあの子の嫌味な笑顔 よほど自信があるのねもう少しかわいらしい顔に生まれたら彼に愛されたのかしらブーブーブー 顔をあげて歩くのよブーブーブー 心はダイヤモンドあたしだって今日から顔
週休5日の仕事がしたいアラームうるさいな今日もねむい眼鏡でいいやめんどくせー気合いのない格好の日限ってばったり何故元彼遭遇また酔っ払って前髪切っちゃっためちゃめちゃださいなどーしよう今頃なにしてるかな、彼をSNSでチェックする25で過密スケジュール噛み付く彼女のかわいい噂と26ナインで泣いちゃう貝柱の結婚願望つかれたねむいよ あきらめようもうやだねむいよ つかれたーあたしの頭はギャンギャンでガタン
距離を超えて結んだ赤い糸離れたまつげは何百キロメートル夜行バスはスローモーションおやすみあなたが来るまであと5時間階段のぼる音がしてピンポンは3回が合図よドア開けたらだきしめてねおーべいびー電気を消したら始めようふたりだけの時間だよ会えない時間を埋めてねね眠れない電気を消したら始めよう見上げれば愛しい顔ずっと会いたかったのよ あいしてるのlove in you深夜の2時、扇町公園すべりだい急で足す
西陽で染まったこの部屋で戻らない日々夢を見てる宝物は破けてねじれたタオルケット父の声踊った夏の日わたしは思い出せなくなるあの頃はみんなが笑っていたよね傷跡癒えたら何から始めようか考えては布団の中で小さく人形をだきしめる心配なんていらないよ必ず笑える日がくるよ愛した時間は永遠だよI love you信じることで光を放て想いは消えず届くんじゃない失った人はわたしの中で生き続ける帰りたい場所へ帰れたらわ
Cを鳴らしたらCが鳴るGを鳴らしたらGが鳴るFを鳴らしたらFが鳴るかんたんなことさDを鳴らしたらDが鳴るAを鳴らしたらAが鳴るGを鳴らしたらGが鳴るかんたんなことさどこまでいってもMUSICMUSICドレミファソラシドシラソ0歳から100歳までのMUSICドレミファソラシドシラソ生きても死んでもMUSICラララ音楽はこころをつなぐ音楽はこころをつなぐ音楽は鳴り響いてゆく音楽はラララどこまでいってもMUSIC
洗濯機をまわしたりバイトのあとご飯炊いて部屋の掃除することももう疲れたんだ君も仕事があって疲れてるのは解るけどズボン脱ぎ捨ててゲーム始めたりしないでよもしもわたしがここを出て行ったときは今までありがとうって言って泣けよ、泣いてよ、ばかばかばかわたしは君のママじゃないよ家政婦でもないわたしは君の恋人でただ居たかっただけなのにわたしは君のためじゃなくて自分のために生きようと決めた今更になりましたけどい
けだるい足音歪んだ唇の先あたしのくだらない予想はみっともなく宙を浮く期待外れのメリーゴーランドなんだこんなもんか期待外れのメリーゴーランドつまんないもんだ長い道歩いてた消えない彼の嘘の言葉もうなにも信じられないならあたしの心を殺してみせて期待外れのメリーゴーランドなんだこんなもんか涙ながらに揺れるゴーランドつまんないもんだ期待外れのメリーゴーランドいつか終わるから涙ながらに揺れるゴーランドこんなつ
ずっとしたかったことはついに君とはできないままとうとう終わりました日付けが変わる頃に手をつないでコンビニへ歩くわたしの隣に違う人が居るよ『愛してる』と言われても君じゃないからわたしは上手に笑うことができない一度もそのことばを口にしなかった君を君をわたしは忘れられずに居るよ新しい恋人と抱き合っているときもキスをしている時でも君を思い出すから君だったら君だったら今ここに居るのが君だったら君だったらどん
恋愛小説 10時のドラマもあんなに好きだった有名なアイドルずっとほしかったはずの黄色いスカートもあたしはもう興味がないりぼんの絵文字と甘過ぎるリップバームハーゲンダッツのチョコレートアイスもあのレコード屋で働いている彼にもあたしはもう興味がないいつからだろ、いつからだろ、愛は生まれて君のことで頭がいっぱい、いっぱいだよラララ君に出会えて本当によかったやっと強くなれるよ目をつぶりうつむいて泣き続けた
びりびりかんでんびりびりかんでんでんでんずっと手をつないでびりびりかんでんびりびりかんでんでんでんでんノンフィクションで愛してねここから始まる新世界ヤア!現実逃避で薔薇色気分で今日くらいはいいでしょ浮かれたいの君と居られたらあたしは最高ちゃっちゃら~テレポーテーションで君の街へターザンロープでバビュンバビュン君とあたしでせーので虹色渦の中飛び込もうねえ奇跡が起きたよ君と出会えた運命!神様じかんを止
星の数だけきみの悲しみはあってこころの奥には重い隕石が降り続けてどんな明るい月の夜 星空見上げてもくすんで光は見えないときみが泣いているどんなことが起ころうともぼくだけは味方だよきみが泣いている時はぼくがそばにいるどんなことが起ころうとも笑わせてあげるからきみの涙を拭うためにぼくがそばにいるぼくがそばにいる月が割れて壊れてもきみはきっと光るから変わらないぼくはきみの夢を見る夢を見るどんなことが起こ
あなたはいつも辛くても笑っててふざけたことを言ってみんなを笑わせるあなたの癖がうつってわたしは今日も少し早い電車乗って街へでかける大きな身体揺らし目を細めてもう一度わたしの名前を呼んでよなんてことない普通の日常が今もわたしの胸に響いて光り続けるあなたが居たからわたしは今日までまっすぐ生きてこられたの『ありがとう』『またね』こころの奥に光を永遠に忘れないよ『ありがとう』『またね』いつかまた必ず会える
顔に出てるのよ今すぐいいよもったいぶらずに素直に言ってよあたしをだっこでぎゅってつかまえてねえ今日からは朝まで一緒だよわんわんわんて鳴きなさいにゃんにゃんにゃんて言ってあげないのよるんるんるんで抱きついてやっとひとつになるのよそしてイチャイチャチュッチュキャピキャピラブラブスリスリドキドキ (愛してよ)イチャイチャチュッチュキャピキャピラブラブスリスリドキドキなに照れてるのよいまさらなんなのあたし
ゴメンね 素直じゃなくて夢の中なら云える思考回路はショート寸前今すぐ 会いたいよ泣きたくなるような moonlight電話も出来ない midnightだって純情 どうしようハートは万華鏡月の光に 導かれ何度も 巡り会う星座の瞬き数え 占う恋の行方同じ地球(くに)に生まれたの ミラクル・ロマンスも一度 ふたりで weekend神様 かなえて happy-end現在・過去・未来もあなたに首ったけ出会っ
ネジを巻き過ぎて壊れてしまった大事なオルゴール抱きかかえたままひとり膝をついた臆病になったあなたの言葉が床に転がってる誰も帰っては来ない部屋203『きみが居ればぼくはもう何も要らないから』とあの日あんなに言ったのに壊れてもう戻らない抱きしめてキスして飛び越えてあなたとならどこへでも行けるんだよ耳を塞いだあたしをあなたが抱きしめてくれるだけでよかったのに茎が伸び過ぎて折れたチューリップみたいな声で鳴
天然装い上目遣いしてあの子はあいつにもたれかかるあたしの視線を知っていながら知らん顔して見せつける教えてあげたいわあの子の本性本当はいつでも She says only backbiting!あの子のこと気に入らない嘘つき猫かぶり愛想笑いどうして見抜いてくれないのあたしも本当は I love you I love you baby!今位置について よーいのぴょんで恋暴動轟音!あいつの好きなものを調
何千年も先も地球で恋がしたいのいつまでもあたしにキスの雨を降らせて秘密の宝箱を開ける 魔法をかけてあげるからあなたが不安な夜はあたしが居るからもしも世界が終わるならあなたに会いにゆかなきゃ後悔だけはしたくない抱きしめてたいのたとえ天国に行ったとしてもまた必ず会えるから明日は必ず来ると知った永遠にうつくしくきらめく愛その時But!どうしてよあなたの声が遠くなる悲鳴と共に産声をあげて叫ぶ叫ぶとまらない
ベッドに正座をしてまっすぐ見つめあったままでさようならを言われたの『これで最後だよ』と無理して笑って抱き合ったらあなたが泣くからわたし泣き崩れた昔みたいに背伸びでキスしようとしてもあなたはもう腰を曲げないあなたが居ないからどうやって笑えばいいかわたしはもう解らないけどどこまでも続いてく終わらせられない旅をひとりきりでも歩いてゆかなきゃコンタクトケースが並ぶあの狭い洗面所でよくふたりはキスをしたよね
朝の4時青い空が白くなってゆくのを見ましたあたしは今日も眠れなくてあの子のことを考えていますあの子は今日も高円寺でかわいい洋服を買うのでしょう夜は彼氏と待ち合わせして明日はU.F.O.CLUBに行くんでしょうあたしの気持ちなんて知らなくていいよ今あの子の彼氏はしあわせでしょうかあの子のことをちゃんと大事にしてあげてるかな今あの子の彼氏は笑ってるかしらあたしには見せたことのない顔でキスをしてるかな帰
わたしアイプチしてるから目閉じてキスできないのあなたが先に目をつぶってよ明るいとこで見ないでねえこのアイプチ取ったらあなたはなんて言うのかな予想と違ったと黙って背を向けられたらどうしよう放課後何度も確認するデート中もし取れたらどうすればいいの本当はとても不安なのどんなわたしでも愛してほしいけどねえちゃんと受け止めてくれるかしら遠い昔誰かに言われたことまだひきずってるのねえちゃんと全部愛してよ1200
新しい仕事始めてすれ違いが多くなった花火に行く約束も結局なくなりそう毎日忙しいんでしょ わたしは邪魔なのかなベッドの中でも違うことを考えてるみたいだ本当はいつから会ってたの?華奢でかわいいあの子にあたしより性格悪いに決まってるわもう一度思い出してどんな時だってふたりで乗り越えてきたじゃないあたしが自分を好きになったら君もあたしのこと愛してくれるかな目にかかるほど長い前髪で表情隠して君は言う『好きな
きょうもあしたもあさってもあなたは手をつないで一緒に学校に行くの?あの新しい彼女と電車の時間を変えたら駅で偶然見かけたあなたの好きな女の子はマフラーしているあたしには似合わないピンクのバーバリーみたいあたしは改札の前でただひとり立ちすくんでいたきょうもあしたもあさってもあなたは手をつないで一緒に学校に行くの?あの新しい彼女と雨で朝練がないらしい、駅で偶然見かけたあたしと居るときとは少し違う笑顔して
おなかいたい頭いたい何もできない、何もしたくないんだよ、白のスカートいつ汚れるの、何度も襲来赤い暗い夜どっから間違えたのかしらねどっからやり直せるかしらねおなかいたい頭いたい、人の顔色が気になるんだ、あたしと一緒に居る君もさぞかし面倒くさいことでしょうね、君が世界でいちばん好きだよ、お願いずっとそばに居てさみしいときだけ電話していっつも君に依存していたね漫画のように助けてくれる男は居ないと気付いた
君の好きなものはどれも格好よくて感情的なあたしのうたなんか恥ずかしくって嫌いでしょう君の嫌いなものあたしはとっても好きよあたしの嫌いなもの君はとっても好きね何もかもぶちまけて叫んでしまうあたしと何も話さず内に秘め込む君そろそろちょっと疲れたんだ君のできないことあたしはきっとできるわあたしにできないこと君にはできるくせにいつからずれてしまったのか今度会ったら借りてたCDを全部返さなくちゃ君はどこに引
今日もまたこの部屋の中君をおもってるよ他の人の前ではだかは見せられないみたいだってわたしコンプレックスたくさんなんだものだってわたし恥ずかしいことたくさんなんだもの君は君はずるいねあたしはまた結局は君のことばっかり考えてしまうんだ君は君はずるいねあたしはまた結局は君にもらった靴を履きでかけようとしてるんだ今日もまた電車の中けいたい見ているよ好きになったり嫌いになったりくりかえしている他の人の話をわ
君は何が好きなの わかんない君は何食べたいの わかんない君はどこ行きたいの わかんないわかんないことがわかんない君は何が嫌なの わかんない君は何で泣いてるの わかんない君はどうしたいの わかんないわかんないことがわかんない自分は違うとただ否定ばっかりするくせにじゃあ何なのかを肯定することからは逃げている今日だけはちょっと泣きたいなだっていつも笑ってきたでしょセーラームーンにはなれないよ夢は遠い遠い
はじめてふたりの手が触れたとき頭の中に赤い赤い花が咲いた歪んだ愛情で固まったここから飛び出そう手を伸ばした後ろめたい気持ち消えてほしいんだよ触れないで未来のことも音楽のことも解らなくなるの秘密のとき毎週土曜日はギターを持ってあなたのところに会いにゆくわ『彼女とはうまくいってないよ』『あたしも彼とうまくいってないよ』『早く別れてひとりになれば?僕がいつでもそばに居てあげる』もうやめようよ何もかも終わ
あの人の話つまんないね眠ってしまいそうだよ同じ話くりかえしてばっかりだし過去の自慢話ばっかりだねねえつまんないよ一体どこで笑えばいいの?帰りたい帰りたい帰りたいあの人の話つまんないね早く帰りたいんだよ始発まであと2時間もあるよ周りの子はいちゃいちゃしてるしひとり寝たふりでもしようかな寝たふりでもしようかなあ帰りたい帰りたい帰りたいあの人の話終わんないねいつまで話してんだろう今日って全部先輩のおごり