Good Morning 眩しい日差しよく眠れたし晴れたしデート日和だラッキー1つ言うのなら アラームが鳴った回数が異常に多かった気がしたんだそこで気づいたんだ『今何時だ』待ち合わせの時間が20分を切ってたんだHurry up Hurry up 今日こそと決めていたはずなのに何故だろう昨日覚えてたはずのセリフも忘れちゃったよ なんて伝えようHurry up Hurry up 今日こそと決めていたは
君が今ため息吐いた理由をよければ聞かせてくれないか?いいことばかりじゃないこと僕らだって同じだけ悩んでるんだ今日も世の中は慌ただしくて汗をかいて焦り走ってたりたまには立ち止まってもいいじゃないか時間は同じだけ流れるから夢のように 全てうまくはいかないけどいつも側で心許せる仲間と笑い合える幸せを忘れないでいてOh Baby ohohoh Step Step in the rain君らしくいれば問題は
Woo Oh! Freedom 風感じてさWoo Oh! Sunlight 焦がしてく肌Woo Oh! Fly high 宙を舞うようにWoo Oh! Your Life 君が主役さ右か左か 前か後ろか進む道なら無限大にあるさ君の人生は君が決めるのさ縛られてきた 鎖を外せ思い一つで 外せるもんなんだ君の中にある心さらけ出せ君が笑った瞬間はきっと自由な証拠さ 思うまま行こうさあWoo Oh! Freedom
We are HAND DRIP (HAND DRIP)止められないこの音We are HAND DRIP (HAND DRIP)上げていく心ごとWe are HAND DRIP
春が舞い込む 佇む2人駅のホーム『頑張って』の言葉と潤んでた君の目育った街離れ 早くも3ヶ月経ったんだな慣れてきたこの部屋も画面越しじゃなきゃなかなか会えないだけど 君の笑う顔と声が僕を突き動かす愛してるの言葉より抱きしめたい今すぐに触れたい愛してるの言葉より君を感じたいahまたあの街で 君と笑って 会えますようにah夢の中で会社の飲み会 終電ギリギリ滑り込み『今から帰るよ』って君に 送ったLINE
何も無いとこから始まった僕ら生きる場所を探し回っていた夕暮れに肩を落として歩いた何がダメで何をすればいいのかせわしなく進む時間の中で孤独と戦うこの世界で僕らに安らぎをくれる言葉があるんだおかえりあなたのその言葉が優しくて恋しくておかえりあなたに言えるようにいつまでもこの場所で僕らは歌うよ広すぎる世界で繋がった僕ら何の為に出会ったんだろうかまだ名前も知らない君にもらった素敵な笑顔が力に変わるんだ絆深
頬を寄せ笑った二人の写真も君と選んだスニーカーも君がくれた沢山の手紙も捨てる事ができないよちょうど1年前の海で見た君との花火見慣れない浴衣姿 照らされた横顔少し汗が滲む手 君の優しい香りこの先もずっと守っていくと誓ったBaby Im SorryBaby Im Sorry君がいなくなってからBaby Im Sorry心埋めていたのは 君だったって気づいたんだ友達が先 仕事が先 君は後回し次会う
Youre the Sunshine 広がるBlue sky潮風がそっと爽やかに香るよMy girl 流れてるメロディー助手席の君の長い髪がなびいてる恋のはじまりを告げるように二人眺めた海はまるで僕らの様に重なる様にいつの日か見た夢が君と見れるように叶いますように手と手触れてギュッと胸熱くなるからほらSunshine 破れたブルージーンズ行き先もなくどこまでもいこうか恋のはじまりを告げるように二
I wanna get so highIts so highWaveにまたがり俺なりのフロウでStep Step そのままでいこう目の前にいるきみ 俺に虜 Yeahララララ さあ歌いな夕暮れに差し掛かるその時までHey girl 聞いてんの?わかってんなら声だしてみなSay yeah汗でついた砂を払って残りを一気して Play a game麗らかな日差しの中でフローラルなミストシャワーめっちゃ Bon
Knock Knock Knock約束した仲間とKnock Knock Knock心の手を取り合って歩幅合わせて真っ直ぐ見つめて描いた場所へと迷いさまよっていたあの日僕ら光が差し込み出会ったんだ偶然か必然かわからないけどこれは奇跡だと思うんだ6畳一間の散らかった部屋で生まれたメロディ達のように人生という五線譜の上幸せを奏でていこう5年先だって10年先だって笑っていられるように未来のドアをほら今叩け
ネガティブなWord金輪際無しだ目の前に立ちはだかる壁BreakingWe Jump High修羅場をくぐって自分との戦いに勝ってやんだいつだってGo for 攻撃的な姿勢でいんだ今日も明日に甘えるな寝るまでが勝負俺ら持て余す時間は無いただ走るだけ ただ突っ走るだけ簡単さAyo Ayo食らわすぜ相当 付いてきな速攻BANG BANG BANG撃ち抜いてやんぜBANG BANG BANG胸の奥まで狙
騒めく街 イルミネーション白い吐息が心表すように肩を落として歩いた帰り道ずっと君の事想ったI Love You君しか愛せないよI Miss You君じゃなきゃダメなんだ狭かった僕の部屋がやけに広く感じた合鍵を置いて出て行く君の背中が瞼に映るんだ振り返れば僕は君の優しさにずっと甘えてばかりいたI Love You涙が止まらないよI Miss You二人の思い出を今日だけは抱きしめたい朝日が昇るまで君
最近どうなん?から大抵始まって気づけばしょうもない話に変わってでもあっちゅーま日が沈んで明日がそこにまってる電車に揺られながら今日は帰ろう窓に映る自分がやけに寂しくて目をそらしても走り続けるこの時間は止められないガタンゴトンただ身を任せる帰り道しんどい仕事も辛い言葉も乗り越えようあいつらも歯食いしばって頑張ってるって言ってたしじゃあまたな!って手を振ったそしたらあいつら笑った理由は分からないけど俺
さぁ 始まるよ これから 心踊らせ君を連れて 行くのさ 未来の先へギター掻き鳴らせ 朝まで 僕らを乗せて歌い続けるのさ この先もずっと全て思い通りそんなに甘くないんだ魔法にかかったみたいだ 今日は君の望むような SHOW TIME想像超えてくんだ SHOW TIME自由に踊る俺ら正体はWe are HAND DRIP Its SHOW TIMEどうせなら もうちょっと 君を知りたいな声聞かせて 
珍しく雨が降らなかった今日僕らの始まりがここにあるんだやけに涼しい夏の日吸い寄せられるように森を奥まで歩いた先たどり着いたんだ木にまとわりつくWhite Lightうまそうな匂いが鼻から消える大きな場所も小さな場所も超えてきたなのになぜFIELD OF HEAVENここに立つ決めたあの日からFIELD OF HEAVEN誘われるように君も行きたいだろ?始まりの場所FIELD OF HEAVEN終始