花飾りのうた – Halo at 四畳半

溢れ出した思いに形があるとしたら
どんな姿をしているだろう
この目には映らないが 言葉としてしたためて
その輪郭をなぞる

同じ言葉をきっと伝え合ったとしても
伝わる思いは別々だろう
だからこそ嬉しかった だからこそ寂しかった
分かち合う度に近づいていく

名前のない思いを交わして
そこにただ 意味を宿していく
語り合い 花が開くように
擦れ違いすらも 愛しいと笑えますように

心の中をそっと覗き込んだとしても
相応しい言葉がそこにないこと
空っぽの自分を空っぽと認めたら
崩れてしまう気がした

花を植えました 花瓶の中には
水を差しました 透き通ったものを
空っぽの自分を空っぽと認めたら
新しい花を飾ろう 何度でも

ただ拙い思いを抱いて
またひとり心を覗き込む
飾った花のそのどれもが
あなたのくれたものだった

名前のない思いを伝えて
そこにまだ 意味を見出している
すべてを分かり合えなくとも
何度だって また花が開きますように

飾れますように