Fuzzy Rain – halca

曖昧なグレーだな お天気雨見てた
晴れとも曇りとも言えない空
なんだろう キミとのここ何日かみたい
楽しいの?悲しいの?どちらか教えてよ

なんでも知ってるつもりで
ほんとはこんな知らない同士
近づくほど遠くなるんだ

友達に戻ろう やっぱり
どちらかがきらいになる その前に
ビニール傘を通して見た虹は
ぼんやりと降る雨の中 とても綺麗で

一番特別 わたしにとってのキミ
さよならしてもずっと変わらないよ
お別れか永遠 ゴールがある愛は
いらない とりあえずふたりの間では

始まる時のリズムが
まだドキドキうるさくて決意
揺らいじゃうから急がなきゃ

頭の芯まで甘い
いとしさとさびしさをありがとう
ビルの隙間に架かったあの虹も
もう少しで灰色の空 溶けていくの

最初に髪に触れた日
それまでと違うキミだった
照れくさくて嬉しくてうつむいた
ちゃんと覚えてる
いつかキミに大切な人ができても消えない

友達に戻ろう やっぱり
伝えたけど涙とまらないよ
大人ぶって歩き出す街並みは
そっけなくて誰も気づかないからこのまま
相変わらずぼんやりと降る雨にうたれて