魔法 – Guiano

死にたい夜に花束を 消えたい朝には錠剤を
こんな気持ちになりたい奴なんてどこにもいはしないから
そしたら僕ももっとちゃんとしなきゃ できないのは甘えだと人は言う
それに頭を下げて過ごしてる それを人生と呼ぶんだ

なんて馬鹿な大人に見下ろされ 路地裏の猫に笑われて
ボロボロの僕の前に現れた 魔法使いが僕に言う
君に魔法をかけてあげよう

たちまち世界がより良いところに変わった気がした
人はありがとうをちゃんと言い 悪いことをしたらごめんと言った
電車で舌打ちをしてた人が 足の悪い人の手を取って歩いてた
なんてことになればいいな

死にたい夜に花束を 消えたい朝には錠剤を
こんな気持ちになりたい奴なんてどこにもいはしないから
そしたら僕ももっとちゃんとしなきゃ できないのは甘えだと人は言う
それに頭を下げて過ごしてる それを人生と呼ぶんだ

地球のため 好きな人のため そんなものは所詮エゴママだ
だけどそれでいいじゃんか お互いのエゴを育み合ったとき
そこに愛が生まれるのでしょう

たちまち世界がより良いところに変わった気がした
人はありがとうをちゃんと言い 悪いことをしたらごめんと言った
電車で舌打ちをしてた人が 明日は少し気を付けようって呟いてた
なんてことになればいいな

死にたい夜に花束を 消えたい朝には錠剤を
こんな気持ちになりたい奴なんてどこにもいはしないから
そしたら僕ももっとちゃんとしなきゃ できないのは甘えだと人は言う
それに頭を下げて過ごしてる それを人生と呼ぶんだ
そして君と今日を共に生きよう それを人生と呼ぶんだ