透過夏 (feat. 理芽) – Guiano

凪いだ海 沈む景色 僕と君 同じ空を
同じ瞳で 一つの星で もう夏だねって笑いあって
あの空をただ 眺めている

海岸 堤防 バス停 その全てに君を透過した
何も知らないままで終わってく日々に嫌にだってなるよ
海に君の面影を見た あのときのままの君を
波のまにまに佇んでいる あの夏を
佇んでいる あの夏を

“忘れない様に掠れない様に 胸に仕舞ってるよ
思い出に浸るのは時としてゴミしか生み出さないから
心の底 そこにそっと沈めて
涙が枯れたころにそっと触れよう
いつだって君はそこにいる”

今日もいつもと同じように 風に夏の匂いがするんだ
当たり前を失った世界が当たり前になるだけだから
大切なことは選べ 思い出は底へ仕舞え
君はいつもそこにいるよ

海岸 堤防 バス停 その全てに君を透過した
何も知らないままで終わってく日々に嫌にだってなるよ
海に君の面影を見た あのときのままの君を
波のまにまに佇んでいる あの夏を
佇んでいる あの夏を

心のずっと奥のあの夏を
君と二人描いたあの夏を