やけに長い夢の中では 眉をひそめたあなたが相変わらず牙をむいて かみついて離れない一切の罪を背負ってここまで這ってきた僕に今さら何を求めるのでしょうあの日流した涙が僕の目を覚ましてゆく誰の心にも秘められた思いがあって新しいドアを開ける鍵になる何もかも捨てられない無駄なものなんて何一つない全てを飲み込んで熱を帯びてゆく BRAVE信じられるものと言えば 一握りの心ある人と綺麗な笑顔が知らせる明日の空