窓 — GRAPEVINE

仰ぎ見る雲はやけに清く見える
とりあえず伸ばす手は空を掴んだ

めまぐるしく巡る決め事さえ
投出して君を見ていたいよ

陽は落ちて静かに光の列が
窓の外流れたら また笑ってた

何処となく暖かい風が吹込み
灰色の大いなる想いは霞む

通い慣れた並木沿いの道を
振返らず選ぶ時解った

夢の様な景色は心の中で
灯りをつけたまま忘れ去られてく

陽は落ちて静かに光の列が
窓の外流れたら また笑ってた

めまぐるしく巡る決め事さえ
投出して君を見ていたいよ

陽は落ちて静かに光の列が
窓の外流れたら また笑ってた

夢の様な景色は心の中で
灯りをつけたまま忘れ去られてく