居眠り – GRAPEVINE

思い知るのは人波の中
ありとあらゆる脆さ
笑う子どもと妻の顔を見ていた
けれど

そこで目が覚めて醒めて
涙拭いて忘れて
伸びをして次で降りて
かなしい顔 封印したら駅を出て
家まで歩こう

意地を張るのは 思い詰めるのは
よくある話と思いたい
泣く子どもと居ない夫の声を
聞いた

そこで目が覚めて醒めて
この手 責めてもしょうがない
営みは繰り返されて
やさしい顔 用意したら買い物へ

誰がそれを誰もそれを
わかっていながら見送るだけで
心撫でた風は光はいつも
ずっと変わらずそこにあって

思い知るのは
思い詰めるのは
よくある話じゃないのかい
その全てを微笑みに変えてみた

居眠りは覚めて醒めて
また前を見て歩き出す
営みは繰り返されて
やさしい風 通り過ぎて行けば
歩いて家まで
微笑みは