セツナの愛 – GRANRODEO

君の中にそっと潜んで絡みつくようにうねってる
ざわめく違和感の正体はなんだ
燃え尽きるほど悦に浸って空っぽになった後で
俯く残像は混沌と化してる

同時にそんなに求めないで刺激と安らぎの矛盾を
ゼツミョーにビミョー狂おしいんです

愛される為の行為なんて味わう為に超悩んでさ
苦痛で対価を支払い続ける
恍惚に拓く一瞬に心震えるほどに
もっと感じる苦悩で支配されているのさ
セツナの愛と知っていても

ろくでなしだと割り切って背伸びした恋の中に
天真爛漫な君の声が
思い出したいと思って聞こえたあの夜空に
見上げたお月様は綺麗ですね

愛する為の後悔なんてもう2億年前に捨ててきた
ゼツボーにムジョー必要なんです

平らげたはずの狂喜乱舞 散りゆく花ビラみたいでさ
夢中で足元むさぼり続ける
恍惚に拓く一瞬に心震えるほどに
もっと感じる苦悩で支配されているのさ
セツナの愛をもってしても

少しずつ君を忘れよう思い出せなくなるほどに
喜びだけの洪水で全てを呑み込んで欲しい

愛される為の行為なんて味わう為に超悩んでさ
苦痛で対価を支払い続ける
恍惚に拓く一瞬に心震えるほどに
もっと感じる苦悩で支配されているのさ
キスは後にして
支配させているのさ
セツナの愛と知っていても