春の涙を – Goose house

遠い風の中で 空にのびてる
長い通学路は
君と泣き 笑いあった道
初めて 夢 打ち明けたよね

そっと挟み込んだ 銀のしおりは
いつか父がくれた
親指の 絵文字さえ
くすぐったいような メールの温もり

街を出る 一歩が 重たいのは
もらった愛を 抱えてるから

こぼれてく
春の涙をふいて 握った手を離すよ
たどり着いた夢が 呼んでいるから
わかれていく道の 先はきっと
一つになれると 信じてるから
そうさ
虹がのびる空は 離れ離れじゃないよ
心を繋げて歩こう
どんなときでも 明日の空は
ほらね まばゆい 青色

いつもの玄関で 靴を履くとき
笑顔の母が言う
「がんばれ」は 目に沁みて
つよくならなきゃ 誓ったんだよ

街を出て 掴んだ 夢の先で
もらった愛を 返したいんだ

あふれてく
春の涙をふいて 握りしめた手のひら
触れたその優しさ 残ってるから
胸張ってまた 会えるときまで
振り返らずに 進むよ

誰だって
ひとり踏み出すときは 本当はちょっと怖いよ
ひとりぼっちにまだ 慣れてないから
わかれていく道の 先でもっと
強くなりたいと 思ってるんだよ
そうさ
虹がのびる空は 離れ離れじゃないよ
心を繋げて歩こう
どんなときでも 明日の空は
ほらね まばゆい 青色