ド頭から今世紀最大のコンビネーションでPON DE BEATGOKIGEN SOUND & VOICE MAGICIANMAKE SOME BRANDNEW DANCEHALL PON DE BEATPON DE
声が聞きたくて 今すぐ逢いたくて眠れないよ 君のこと考える夜は淋しくて 握りしめてる手はまだ鳴らない 君からの着信を待つお前の町で降ってる雨は 10時間で俺の町までたとえ傘を忘れても迎えに行ける距離じゃなくて「ねぇ 最近は月に一回会えればいい方だね」なんて泣いた顔文字のメール 寂しくなる(逢いたいのに 逢いたいのに 君はいない)何が不安にさせてるの わかるよ好きな人はそばにって気持ち(せつなくて 
あがれー絶対負けられないあがれー走り続けるぞevery body are you ready now ?are you ready to fight ?プレッシャーを楽しむかは自分次第ここを乗り切れば高く飛べるさ自分で付けた自信は裏切らない奮い立たせてくれるココロから一緒に泣いたり笑ったりしよう今さらがんばれなんて言わないよあぁ負けないで見た目まだまだ劣勢攻められてるみたいだけど言わば作戦 逆転明
LET ME HEAR SAY OH OH OH ALL TOGETHERHAVE A GREAT DAY OH OH
I wanna be your love 好きで 好きでしかたないI wanna be your love なんで友達なんだよ近すぎて こんな気持ち知らないだろう好きだなんてまさか言えるわけないよ Oh No笑い方や話し方や気になるしぐさいっぱいなんだか気づくとまた あたまの中いっぱいに埋まってくI wanna be
今日は俺達が付き合い出した日世界で二人だけの記念日 あーあーぁ出会った時より今おまえの存在は大きくなり俺の胸でおまえはすべてになり想像している未来 それは あーあーぁ今までこんな事思った恋、した事がない喧嘩もしたしもうダメだって思った夜もあっただけど二人の関係は乗り越えて深まってきたよなこれからもいろいろあると思うけどいつまでもずっと俺のそばで笑ってくれよ愛してるなんてまだ言えないけれど伝えたい想
友達の家のソファーベットで 眠たくなった頃君は勝手なオレをあきらめて 少し怒って眠るでしょう夏の匂いがする由比ケ浜は帰りたくなくなるのさAh... Ah... 一緒にくれば良かった 今度の休みに海に行こうビーチと君と 青い空と太陽いつか見せたいよ 俺だけの SPECIAL ONE君だけにとっておいた 場所があるんだまっいっかと もう三日入りびたっちゃったついでにもう一泊 HEYこの気持ちいい猛暑日
あの頃描いてた未来をもう一度すべて笑い飛ばして涙がこぼれないよう空を見上げてDreamin Dreamin今おまえに言いたい事はこんなとこで諦めるのか夢にまで見た夢の真ん中少し違うからってなんだたとえ何かにつまずいても希望の明日のため納得のいく毎日にするんだよやんなくちゃ行けない事に追われているからちっぽけに感じてしまうのかな何がしたいかはひとまず置いといて今から夢の中もう一度夢を見てあの頃描
誰でもいいわけじゃないけど誰かを愛し愛され幸せになりましょう幸せって一人でなるものでは決してない誰かと叶えたい 夢があるならそれは素敵な事 素晴らしい事愛をチカラに チカラに変えて幸せになる近道を行く愛をチカラに 全てを味方に目に見えない愛を心で聞こうWow wow wow wow 一人じゃないよねWow wow wow wow 少しずつでも前へWow wow wow wow そのチカラと合わせて
I wanna feel you babyJust wanna touch you babySo missing you男なら笑って送り出すよにぎやかな助手席もラスト一年後の今日会う約束長そうだけどそれぐらい待つよ空港までの道のり揺れる覚悟俺に構わずでかくなってな留学は君の夢だし邪魔したくない離れる時間を語るきつめに詰め込んだトランクいつでも連絡しろよなんかあったら飛んで行くよ最後の挨拶は決めたし
人は誰もがその道のりで 泣きたい時や辛い時があるそんな立ち止まりそうな時こそ 俺は また前を向いて走るいつだって 走る走りだして 進む進もう今すぐしがらみの中のスタート 一人ぶちかますヨ~イドンッ!!毎日がラストスパート 追いつけ 追い越せしがらみの中のスタート 気付かされたスタート俺は俺のエキスパート 『なるようになる』しか知らない知らない スタートしか ヤル気で強気で本気で元気によっしゃ生まれ
元気にしていた家のばーちゃん 謡の稽古に習字とか趣味が多く慕われていた しわくちゃも気にさせぬパワー何をしても優しかったね 一番応援してくれたねいつも味方でいてくれたっけ まだ心配してるのかなどこかでそうだ ばーちぁん報告したい事があるオレもやっと親元を離れ 社会へ飛び出してみるよ思い出す あなたが最期にくれた詩(うた)は今でもオレの宝物がんばれ がんばれ どこかで誰かが あなたの為に 祈ってます
愛するもののためHey Every gal dem Badman dem EverybodyWha just do that Badmindthing Don’t thing about
それぞれ十人十色の道があり 自由に歩いてんだよひとりひとり人生は一回きりしかない まるでピエロのような喜劇もし世界の終わりがくるなら きっと僕は君を笑わせるさ大粒の涙 代わりに流した ピエロが歌えばみんな皆笑うから最後ぐらいはみんな皆を笑わせてる僕の姿を どうしても僕と歩んでくれた人の前で見せたいよ君の選んだ男はカッコよかったと 涙の中でも笑えるように胸を張って歌おう 本当は少しだけ怖いけどこの世
Are you ready to the party? ハハハッいくぞ!!Come on everybody Hey!グラス持って乾杯GOKIGEN で案内もう 止まんないってか止めない一緒に上がんない?to the clubs, to
大人しい子だぁなんて思ってた 特に気になった事もなかった夏休み野外のフェスで はしゃぐ君の姿を見るまでは私達は 何か見えない力で引き寄せられてる今は素直になったらどう?って太陽の光が言う果てないのは胸を焦がす君へのLOVE会えないまま 夏を過ごすなんてできない MAGNETIC SUMMER LOVE友達だけれど少し違うのかも 初めて見た君の私服が眩しいよはずかしがり屋と思っていたけど 太陽のよう
ずっと君とドライブ 助手席でスマイル運転は男のオレ 男なら当たり前道なき道だけど 君の事守るよオレの行きたいところへ ただ連れて行きたいだけLALALA… LALALA… 君と二人だから覚悟を決めたあの日も 今日みたいに晴れていた懐かしいよ海岸通り走るオンボロのバンとかわいいと言って 無邪気にはしゃぐ君を憶えてるよあの日から変わらない想いがある守りたいと思ってから弱さを感じて一丁前に責任を取りたが
子供の頃はちょっとした事でいつだって 褒めてくれる人がいた OH YEAH大人になって何とか乗り越えても 褒めてもらえない そんなもんさそれでも行かなきゃ NEVER EVER GIVE UP  LET ME TELL YOUカム・カム・ギミ・ギミ カム・カム・ギミ・ギミどんどん日々日々 生きてりゃ身になりカム・カム・ギミ・ギミ カム・カム・ギミ・ギミジリジリ自分好きになるカム・カム・ギミ・ギミ 
突然すぎて涙も出ない まさか君の口からあんな言葉昨日まで二人仲良しだったと 思っていたのはオレだけだったんだね寂しくて悲しいよそんな君のサイン 気付かずに安心して大好きな事さえ言わずにいたまるで昔は子供の様にかくれんぼもう探さなくていいんだよ 早く帰ろう話しの続きをしようよ また子供の様にもう探さなくていいんだよ オレはここにいるよ鈍感なオレは夢ばかり追って 遠くばかり見ていた君を見落として去年の
AH 大好き 会いたい 好き過ぎ あなたに 会うたびそう思ってしまう 胸がズキュンと痛むバキュン胸に打たれたオレ ラストサマーの傷忘れ恥ずかしい顔面赤面 水玉なキミに即一目惚れあうんな呼吸で笑いが生まれ ある!ある!なんて価値観確かめ花火をしよう夜の砂浜で 線香花火が落ちたら暗闇がその時が AH二人のラブストーリー 私の手とあなたの手が触れた初めてのキッスのようにドキドキ 新しい恋の歌を歌ってたI
10年後のおまえに 今未来の為に オレは今日ここで頑張っているんだ心配もするけど でも期待の方が大きいんだ頑張れ オレも頑張るからさ打たれ弱くて強がりなオレ 本当に強くなってるか?我がままになりすぎて 周りに迷惑かけてないか?ヤリガイのある仕事を見つけたんだろうどれほど 大きくなるかが楽しみで ふっとした時に笑ってるけどそりゃもうお調子者だから 能天気でやってんだろうなそれがオレの弱点 だから心配
ガキの頃は 当たり前の事だと思っていたけどさり気なく 家族を養ってくれている親父よありがとう お疲れさまいつまでも長生きをしてくれよオレもやるよ 親父みたく 男らしくなるため恥ずかしくて言えなかったけど あなたが今の憧れ恥ずかしくて言わなかったけど あなたの子供で良かったぜ昭和23年の春 オレの親父は生まれたそこは千葉九十九里浜 お産婆さんに取り上げられた幼稚園通っていた頃 おじいちゃんの仕事の都
君はオレの永遠となってく天使 たとえ命が尽きたって一緒にいるよ二人ずっと離れずに 支え合って叶える夢二人なら何にでもなれる気がする守ってみせるよ 愛してるよ そばにいてよANGEL君はオレの永遠となっていくANGEL この約束忘れないでね一生に一度だけの プロポーズを君にしたくて頑張って貯金苦手だけど 夢に近づくっていいことだね憶えてたよ いつか小さく いいなぁって言っていた指輪オレはCHANCE
この街に憧れなんて まったくなかってんむしろ嫌いやった やっぱ大阪一番やろって思っててんせやけど最近ちょっと好きやねん 東京タワーはほんま好きやねんまわりがどんなに変わっても 高くそびえ立つとこが好きやねんうちを見てるみたいって思っててん東京タワーなんてって言って 鼻で笑ってたのにもう今では もう少し頑張ろうって思える それがうちの前向きなシンボル自慢する話しなかってん 落ち着ける場所もなかってん
FIRE FIRE 熱い奴から火を着けろFIRE FIRE 照らし出せ自分の道をFIRE FIRE 今燃やせその魂を (YO LIGHT IT UP LIGHT IT UP YO)FIRE FIRE 誰にも消せないその炎 (ALL
なんでオレだけって思ってしまう時は 誰に何言われても上手く笑えないから面白い事を見つけに外へ行くんだ 太陽が全てを解決してくれるから簡単な事がまたきっかけになる 不揃いなメロディでも人生は変わるI SAY YEAH たぶん BE ALL RIGHT汗を握りしめ 少しずつでも進もうか今からでも遅くはないよ 明日からじゃ出遅れちゃうぞ何かのせいにしても つまらないままだからありのままその深い愛を 今の
線香花火のような さみしい恋の季節はOH 君への想いは思い出に変わるのか線香花火のような さみしい恋の季節はOH 悲しい想いは涙で流れるAHWOO WOO WOO WOO一学期の始め桜舞う校庭 大和撫子がやってきたやがてあなたに恋をした憶えてるだろう クラスの奴らと行った祭りを今日は仲良くなれるようにと 意識していた君の横君も好きだったんだねりんご飴 ずっと見ていたかったソバで人ごみの中時が止まる
今はなき茅ヶ崎のTING A LING 湘南のみんなと出会い原チャリで通っていた冬の海も好きだった馬鹿ばっかやった毎日 みんなの家泊まり歩く日々楽しくてしょうがなくて いつも帰りたくなかったそんなオレが夢見た 真夜中の歌うたいこんな日が続くと思っていたいつか組んだグループ すべての始まり背中ばかり見てるけど オレの道しるべ大きなごきげんな笑い声やっぱり笑顔になれるあの日と変らずにMY PRECIOUS