愁いのPrisoner — GLAY

運命は容赦なく お互いを傷つけてく
心ない素振りなまま揺れる 揺れる
出会ったあの頃なら 簡単に許し合えた
何気ない言葉でさえ 愁うから

小さな恋の終りに聴こえたのは
慰めによく似た調べ風を纏う
こんなにも貴方を遠く感じてる時でさえ
あぁ 誰より愛しい人

すれ違う恋人達 争い合う大人達
誰にも止められない うねる うねる

幼さを持ち寄り二人暮したのは
頼りない勇気を街が育んでた
今もなお震えるあの肩に涙落ちぬよう
あぁ 誰より不自由な人

抱き寄せても上の空 それは愛がたどり着いた幻
追いかけても掴めない きっと時が連れてきた愁いのプリズナー

とどまるな 夢の在り処が不確かでも
独房の扉開けばもはや自由さ
穏やかな日々を数えて暮らせたら幸せと聞かないで
誰より切ない人

口づけても変わらない あなたのその瞳の奥そらして
街はまるで海の底 そして今は囚われの心プリズナー
恋人には戻れない 誰もが皆振り向けば愁いのプリズナー