アカバナ揺れてる南の遠い記憶途切れた足跡ゆっくり辿ってくアカバナ泣いてる笑顔はそっと曇る彩る夜の隙間埋めるように深い海は染まってく淡く消える幻時を越えて全てが無くなる前にどうか島よ伝えてよあの人まで煌びやかに輝いてるあの頃には戻れないけれどせめて夢の中で微笑んでいて形の無いものだから閉じ込めたい放したくはない言葉詰まらせながら君は途切れそうな声でそっと包んでくれた優しさ琉球の風のように青空満ちる南
おじーとおばー起きる頃東の彼方は紫色染まる島は静かにこれから始まる夏を待つちゅらちゅら呼んでいる皆の声飛び込もう声を合わせて一つになろう乾いた空が潤う七色の世界描いてみよう戻せない夢が始まるオレンジ迫る島の声おばーによく聞かされた緑のゴーヤーも食まんとね……食まんと大きくなれないさ!!何もかもすべて嫌になって独りきり閉ざしているなら流れる雲に手を伸ばして新しい夢を描こう七色の世界自由な世界青い空と
「雨夜」と「出会い」過去の思い出旅立つ列車を「月夜」は「別れ」夢は擦り切れさよならが迫る夜が明けると違う街まで私を包む風は変わって思い出は消えるだろう列車は輪廻のように躊躇いを乗せて走る名もない景色逆らう心遠ざかるのは思い出そして愛の街は幸せだったの?映画のような雨の降る街悪戯な出会い愛の証それは誘い導く今日も雨が降る土曜日の夜独りで開く真赤なパラソル重なるあの日嫉妬ではない曇り空の恋路ぼやけた燈
I love you and that is whyI dont want to hurt you any moreNow
日が落ちる頃 高鳴る場所へ化粧をまとい 手の鳴る方へ「さあ 踊ってください」鳴り響く声にただ身を任せてDollパレードてぃーちめの夏です「初めての夜は全員で踊り明かしましょう」たーちめの夏です「二つ数えて手を鳴らしましょう」最後の夏です「みーちめはもっとあげていきましょう」巡り巡る季節の様ずっとズット一緒に踊りましょう心無き嗚呼パレード灯りを灯そう沈み行く空はオレンジに染まり僕等に確かな影を与えた
二度目の恋は君を愛せないまま全てが偽りのオンパレード三度目の恋は貴方に裏切られすぎ?!恋する心はネオンの渦へ涙流す事さえたやすく見せられるの夢と眠った貴方は何も知らないピエロSADISTICな恋に何時も溺れ愛する心忘れてそんな上辺な恋に先はあるの?教えてよ!! On my heart涙流す事さえ悲しいと思わない胸に刻んだ蝶が少し痛むけれど迷い込んだ私は泣いてる子猫の様? 愛を失くした?全てが知りた
はいさい―鮮やかに輝く月夜の向こうへ水面に揺れている写し出された変わらない微笑み静寂の中蘇るShadow of the moon...I wish gift & youbreak of the cloudI wish gift &
大好きだからこそ「キミを傷つけたくない」別々になった二人の話白いため息で埋まるこの部屋はあんなに愛し合った熱を持たないいつしか降り出した雪は優しく瞳に移した儚い想い肩を寄せ合って静かに手を取った些細な仕草何度もリピートする離さないでと途切れたあの場所で置いてきた私と出会った大好きだからこそ「キミを傷つけたくない」大好きだからこそ「困らせたりしないわ」別々の花を咲かせた二人の想い出は綺麗なままで銀色
歩き慣れていた帰り道昨日の風が吹いていたよ波の囁く声無邪気な通り雨は過ぎてゆき夕焼けに伸びる影消えていく笑い声を眺めていたら残されていたわったーぬ島唄唄い続ける広い砂の上輝く星になれたら傍にいてほしいその日までこの唄道連れにこの街とお別れ決めた日は時間を止めてしまいたかった嘘はつけない今僕を通り過ぎてる夜風も届きそうな月も何一つ変わらないから離れていても一緒にいようわったーぬ島唄唄い続ける手にした
貴方は私のものだよねきっとダーリンねえ365日私の傍にいて貴方は私のものだよねきっとダーリンずっと傍にいて下さいただ…溢れ出す涙まだ…拭いきれないのもう…戻れはしないの羽広げた風は嗚呼貴方に唄うの時を止め夢の中墜ちて行きますどうかこのままゝ奪って横顔が紅く染まった頃には二つ並んだ影重なる事は無いですか?ただ…螺旋のように時の香りまだ覚えてるの窓の隙間白のベールを羽広げた風は嗚呼通り過ぎるの時を止め
真夏の風はサラサラそよぐ太陽の下ケタケタ笑う島が唄いだす夏を白い砂浜足跡残す寄せては返す波に消されて思い出はまだ消えず海を越えて 懐かしい 島唄(メロディ)恋の季節 揺らして硝子の初恋模様夏の日差しの様に焦がして跡を残して泡の様に消えていく空を越えて さぁ今響かせ雨が上がれば ほら今硝子の初恋模様星空の夜輝いて寄せては返す波の様泡の様に消えていく泡の様に消えていく足跡だけ残して
出会いは巡り合わせけれど運命的でティーダのような眩しい君は南に咲くアカバナ恋した真夏の事今も覚えているよ熱い眼差しあどけない笑顔初めての恋だったあれから時は流れて今もあの時のまま変らない想い唄い続けているよSyalalalan 風に吹かれて紅く花咲かせる南国少女忘れられないあの島に咲く美しい紅い花を耳に飾って忘れぬ君を想う 幼い恋の唄恋しくて今も切なくてきっと君への想いは色焦せない君は僕の全て唄う
ハイサイ ディーサイ エイサ サッサいちゃりばちょーでぇむる騒ごうねーグレイシアThough, the Sun goes down but it alsorises and lights up
紅いハイビスカスが空と海と風をきって何処からか聞こえてくる波の音小さな頃に育った変わる事ない街並み全ての道しるべへと変わるいつの日も胸に宿る魂心の奥底不思議さ太陽の国 キラキラと光を集め太陽と蒼 ザワザワと打ち寄せる波太陽の下 育てた僕等の証ハイヤハイヤハイヤ刻む夜な夜な語り明かした浜辺には灯り一つ明日を照らし出してくれた見上げると億千の瞬き夢の続きを見せようか‥何時までも変わらない僕等の場所へ何
眠れない夜は何故か何時も胸に幼い頃の声がするふとテレビを覗くと偶然にも当てにならない予報は雨ポツリポツリ空が曇り行く傘も差さず待ちわびているのレイニーレイニーレイニーlalaレイニーlalawow降り出してきた雨よレイニーレイニーレイニーlalaレイニーlalawow少し冷たいけれレイニーレイニーレイニーlalaレイニーlalawow優しく触れてくれるのレイニーレイニーレイニーlalaレイニーlala
慌ただしく過ぎて行く都会暮らしの想いは何時も故郷の南の島生まれも育ちも選べないさ、と強がっていた過去「デイゴの花が咲く頃には帰って来るよ」と言い残して幾度も幾度も振り向いた海よ 風よ 寂しさ少し残してにーにーの歩いた後にはついて回ったおかーの口癖はずっと心配ばかり青すぎた時間さえ愛せる様唄おうデイゴの花が咲く頃には「帰って来たよ」と胸を張って君の話を聞かせてくれそして空の下でまた語り合おうその笑顔
焼き尽くす珊瑚礁生まれた太陽の子全て全て全て壊し貴方を奪うわ誰も愛せない一途な愛及屋鳥嵐の様に駆け抜けて刹那に鳴り高まるリズム裸足のセレナーデそうよ私真夏のカルメン貴方に愛を捧げるわ純情色真夏のカルメン私の恋心無常な愛情はね何処かで落とし穴が恐く無いわ愛に溺れ委ねてあげるわきっと落ちていく誘うよう落ちていく微熱混じりの蜃気楼 燃え上がるようなリズム愛は盲目ね届かなくて青色吐息ここにいると叫んでるい
祭りの日の翌朝は 誰も皆夢の中で昨日の想いを残す 焦げた残り香花笠を被り紅型にそっと袖を通す再会の舞 祝う様に踊りましょう夜空に散る大輪花琉球の音の下に鮮やかなる極彩色琉球の名の下に淡い灯 何度でも凛々と打ち上がる憂いを帯びて咲き乱れあの人の元へ三線が鳴く 今日の日が続きます様色とりどりの花を並べ祝いましょう愛しいと願ってみて 空の上咲かせます愛する人届く様に 綺麗に…めくるめく大輪花夢の様 浮か
踵を鳴らして近づくあの子は可愛い?あの人の心を奪って私から遠ざけたの素直になれなくて強がる私は別人ね「またね」さえ言えないいつもそんな風に誤魔化して生きてきたの私は泪の影想いを届けてよねぇ?月の中では白い私がいるの声も出せず赤い目をしている私がいるの誰にも言えず泣いている誰も居ない泪のララバイ踵を鳴らして近づく貴方はいつでも無口ね私の心を奪って遠ざかっていた素直になれない二つ返事の願い事は向かい合
夜の戸張にぎわいはじめ少し肌寒い九月季節の終わり橙色に木々は色付いて初めて手と手を繋いでたベンチには別の二人が座ってる一月前の夕暮れラムネを片手に持ったまま二人で見た花火とても綺麗に咲いていた残る線香花火だけ「また次にしようね」と時は過ぎてあれから少し大人になったつもりだけどこの道避けて歩いた思い出さぬ様責めたりしないわ 出会えた事が寂しさ生んでしまったの誰もいない公園季節外れに火をつけて最後のお
君を守りたい心から思った明けない夜は二人きり何を話そうもっと知りたいから言葉や温もりで抱き締めよう傍にいるよ終わらないラブレターを――出会った頃の君の瞳は誰かを映し傷ついていた疲れていた泣き方さえ忘れて季節の服を纏っていても心は裸冷たくなって震えていた差し伸べた左手を掴んで奪っていたよ初めて二人で迎えたあの朝は冬に咲く向日葵のように揺れていたねそこから何度季節を越えてきたろう抱き締めようこの刹那を
誰よりも早く春は訪れ夢に生きる僕の為に優しく笑ってくれたね桜舞う壱月の春最後の言葉胸に刻む春の花色褪せ俯いたまままだ僕は思い出という名の蜜を求めていた懐かしい写真には眠ってたちりばめた夢が咲いたきっといつか心から笑おう掴もう冷えきった空見上げ上を向いてあの場所まで手を伸ばしてみよう会えるはずさ心に決めたなら進もうこれからどれだけ出来る春の花咲く頃は夢を重ねて見よう低い空灰色の街雨が降り全て流してい
初夏の許された恋流れて消えてしまう恋模様今夜眠らないまま君を迎えに行く離れた距離を補うように 君に届け夢のような時間は愛し過ぎる光は君と僕と風と星空たちと繋いだしるし一度だけ寄り添っていたそれが一時だけの恋模様掴めそうで掴めない君の瞳の奥切なく遠いあの星空のように流れ夜空に願いを込めた君の愛した欠片離れる程輝きに変わっていく溢れてくキセキさよならが迎えに来る「また直ぐに会えるから」静かな夜包まれて