気まぐれな情熱 紙一重の絶望生きる意味 風の中もう来るはずのない 真夜中のバス停街明かり すごくキレイ 幸せを追いかけるほど つまずいたり擦りむいたりカシスオレンジため息を混ぜて 飲み干したら(時を忘れた) おはようございますささやいてみる 隣のあなたは誰?恋の神様 運命の人 まさかこの人ですか? 弱さ隠すスマイル 重ね着のプライドパールピンクのルージュ淋しさをこらえて 星を探してたらそばにはあなたがいた おねがいたった一人で
懐かしい色は 私を 淋しくさせる思い出と呼ぶには 悲しすぎて あの頃の笑顔 忘れたわけじゃないけどどれも これも 切なすぎて 苦しくなるよ 机に書いた絵や 教科書と友達大人の気持ちを わからないでいたボクらが居た 教室 みんなで笑った すべてが宝枯れ葉色ゆれる 甘え聞いてくれた場所土の上をはだして走った 歓声そっとずっと