BAKE NO KAWA – Ghost like girlfriend

その目が綺麗と言った後、二人で頬を赤らめて
「そんな事ないから」と笑ってくれた

日々は重なってかさばる
どんな大事な一瞬すら簡単に埋もれそうになるくらいに

季節を超えても君がありふれないように

ありのまま過ごして幸せで居れる程
僕は君が思うような人じゃないから
いつも少し本音に優しさをかさましてる
あげたい、幸せを

咲いてみたは良いものの、日の目の当たらない場所で
段々と不貞腐れる花みたいに

シンプルだった幸せは高まるハードルを下る度
ささやかな不満へと散らばってく

物足りなさは君を徐々に狂わせて

「飾らずに居るよ」ってその言葉の裏の庭を掘り過ぎて
更に君は狂ってく
寄り添おうとし過ぎて信じる事を忘れていく
すれ違う、延々と

お互い無理をした箇所に惹かれ合って
それぞれの呪いの輪郭は濃くなる

この目は偽物だと僕に告げた君の
その瞳が赤く染まるから

変えたいものがある、その
しるしに見えて今でも
綺麗だと思う事も喉に沈めた

抱きしめ合うように追い詰め合っていた
僕らの声はもう通わない

段々君が離れて
思いは確かなままで