THE LAST LOVESONG – GEEKSTREEKS

星夜さんざめく夏の声 嘘は嫌いと君の声
空のミルクに消えないように託す願い事

拝啓 過去の日の僕
どうしても希望はここにある
ずっと夢見るぐらい良いでしょう
許してよ

あいうえお順 初まりの2文字の言葉
いつも全て支配した 神様は意地悪な人だ

何かの過ちで君が誰か殺めても
それでもきっと僕は君が好きだよ

明日の僕等がダメと言うまで
終わらないさ どうか忘れないで

君の中に居させて
ほつれた場所は結ぶから
短く絡まないさ
糸も雪のよう踊るようだ

何かの過ちで君が誰か殺めても
それでもきっと僕は君が好きだよ

明日の僕等がダメと言うまで
終わらないさ どうか忘れないで

君が降る夜 歌声は鳴り響く
遠く見える町の方へ 白い吐息の声を

聞いてよ最後の綺麗事
「君と出会えて良かったな」

言葉なんてものを覚えたから嘘を覚え
嘘なんてものを覚えたから光が見えなくなるように
心を一つにすることを恐れた人々は
自分の虚無感を誤魔化すため今日も誰かの悪口を言う
生きてれば嫌なことなんて腐るほどあるからと
せめて君といる時の感情は全て幸せがいいわ
君とはどうやらあと60年ほどしか側にいれないみたいだし
綺麗事では済ませない想いはいつか魔法にかけられ
二人をずっと包むでしょう
君はきっと幸せね。私よりイイ人なんて腐るほどいるけど
私より君を幸せにできる人なんてきっといないんだから
しなくていい幸福と絶望を交互に繰り返す
君に出会えない人生もそれなりに毎日楽しかったろうけど
今よりは幾分かつまらなかったろうから感謝してるわ
とても嬉しいなぁ

君が降る夜 歌声は鳴り響く
遠く見える町の方へ 白い吐息の声を
聞いてよ最後の憂い事
「君と出会えて良かったな」

The Last Lovesong On This Little Planet