俺たち若さを バラまき使った酒やら色事 毎晩お祭り普通には暮らせないのねさみしげに言った娘よ心の傷あとが今も夕陽見るとうすぐのさ熱く後悔したってもう遅い今は帰らぬあの頃よ若さというもの 仕方がないものなんでも俺には 出来ると感じたささやかな暮らしあの娘とつくること出来たのに心の傷あとが痛い夕陽遠く地平へと落ちる流れる雲を見て想う今は帰らぬあの頃よ後から誰も分かるのかなくしたもののその 大きさを心の