三日月 – GADORO

バッグすらも持てない飯さえも奢れない
女の心なんて読めたためしはない
気遣いもままならぬニート兼ラッパー
Wassupカップ麺2人で分けような
糸よりも紐で結ばれている
貧乏なB-BOYを支えた美女
治験のアルバイトは身体が危ないと
心配し借りた三万がまず最初
必ず返す保証のない俺を信じ
音楽に掛ける俺に賭けてくれたんだ
野口樋口諭吉も俺に舌打ち
爪の先噛みちぎり出来た三日月
それでもあんたならやれると
口元に出来たその満面の三日月が
俺を照らしてくれた
下手クソなletter破れるな

2人で描いた未来は
小さなあの部屋にしまい込んだ
「今更愛してなんてないさ」
偽りのセリフがこだました
このままスローに刻むストーリー
まるでビールの泡のように
ゆっくり薄れ消えてゆく

真夏に部屋だけはガンガンのクーラー
毛布の中身体重ねくるまった
お互いにさらけ出す全身の肌色
立てた中指行き先は内緒
ことが済んだ後火を付けたエコーの味が
いつにも増して美味いのは何故?
脱ぎ捨てた下着つけっぱのDVD
そのままおやすみ
トイレの便座開けっぱにしてて
いつも怒られてた日々
洗濯物も干さず
何がhip hopだよって罵られてた日々
誰よりも俺のダッセェところを知ってる
俺よりも俺のことを信じてくれてる
ラッパーの俺じゃなくて
人間としてでの俺を愛してくれてる

俺がいるから大丈夫だって
守るから一歩下がって見てろって
ドヤ顔で言えたら苦労はしてない
生憎出来た男じゃない
お前の友達も口を揃え
コイツと別れ早よアイツに戻れ
ドラマだったらば悪役の彼氏
年収は当時マイナスの稼ぎ
それでも側にいてくれた
過去の女すらとっくに忘れた
お前と幸せになりたいってより
お前との不幸ならば乗り越えられんだよ
旅行に行けなくたって
デートにも行けなくたって
連れてく夜のパワースポット
イニシャルはG四畳半で描くラブソング