連星 — Gacharic Spin

夕暮れの向こう 浮かんだ君の横顔
もう見れない まじりけのない目も 笑顔も 消えてくれない

Ah もう気付いた頃には遅過ぎたんだ
君がいなけりゃ ほら うまく歩けもしない
愚かな僕

いつかは来ること 分かってたのに バカみたいだ
僕は僕のこと それだけで
必死でもがいて
そのたびに君 苦しませた
なのに僕が生きてんだ

Ah 恋しいんだ ぶつかり合った日々さえ
解り合えた時の嬉しそうな顔を夢で見たの

嫌だよ 言葉が届かないとこ 行かないでよ
思い出が僕を締め付ける
ねぇ 君が笑った数と 流した涙の数
どっちが多かったんだろう?

生きなきゃ

僕にはないもの 君は持ってた それが時に
嫌で疎ましく感じてた
『不器用だから』と笑った君に甘えていた
どうしてこんな僕を…

それでも生きてる
君との記憶頼りにして
いつだって僕の道しるべ
世界を照らしてくれてた君にできることは
僕が生きて行くこと