生きよう – fusen

白んだ夜空はいつしか新しい朝に
登った煙と寝転ぶ君だけ

開いた指から溢れた光に
負けないように見開く怖いけど
生きよう

いつまでも色褪せない
時があるならきっと今だろう
離れても変わっても
忘れないでいよう
背広の皺を伸ばすみたいに
ごまかし君を思い出すよ

這い出て飲み込む地下鉄脅されて
勝手な想像次は僕の番だ

もう少しそばにきて

いつの日か色褪せてく僕の青さを君が
持っていて
歳食ってもくたびれても思い出させて
戻る場所なら僕にはあるよ
それでそれで十分さ

時間がない
僕には時間がない
自信がない
僕には自信がない
君はいない

そこに君はいない
君がいない
そこに君はいない

いつまでも色褪せない
時があるならきっと今だろう
離れても変わっても
忘れないでいよう
背広の皺を伸ばすみたいに
ごまかし君を思い出すよ

コメントを残す