扉絵 – fusen

ゆっくり動き出す街を背に君は言う
誰かの為じゃなく自分の為だから
少し前の僕らならすれ違っていただろう
隣の他人は君じゃなきゃ嫌だよ

吹かれたら飛びそうな覚悟という二文字
景色に浮かび上がる次の日々にメロディーを

ゆく人に尋ねる東はどちらですか
前を向いて歩く平気と言い聞かせて
愛のない街と噂がそう呟く
愛ならばここにある君がそう呟く

どうしようもないくらい下手くそな夢だ
目が覚めたら僕はもう君とは出会えない

絶え間なくなるベル祝福のメッセージ
明かりを辿り歩く僕らいずれ星になる

一人で歩きつかれては立ち止まった
それでも僕らならばどこまでもいけそうな気がしてる

コメントを残す