ミナヅキ – fusen

ぽつぽつ叩いた音煙るまちなみ
傘もささず佇む彼はどうして
頬を伝う雨漏り拭うことも面倒で
ただ眺める

何もわからないよあなたの事
言葉にして、ねぇまだ終われないよ

今も待ってる待ってるから
ずっと待ってる待ってるか
どこを切り取って思い出したって
とても綺麗にぼやけて映る
朝が来ても夜が更けても
ごめんね、寂しいです

泡沫のポラロイド夏はもうすぐ
あなたの俯く顔見つめるだけ
満たされてた気がした
隣で香った貴方と汗の匂い

むせ返るような湿度の中
息をしてたねぇまた会えたらなんて

今も待ってる待ってるから
ずっと待ってる待ってるから
どこを切り取って思い出したって
とても綺麗にぼやけて映る
朝が来ても夜が更けても
ごめんね、寂しいです

ぽつぽつ叩いた音煙る街並み
傘もささず飛び出す
彼は今頃…

コメントを残す