染みの付いたシャツ染みの付いたシャツ染みの付いたシャツ変な染みの付いたシャツ
目盛を合わせて危ない温度に二人で決めた約束だから固くて苦い果実を頬張る灯りを持たず谷へと降りていく そこに愛があるならそこに愛があるなら少しでも少しでも 合図を鳴らして綺麗な音色で思い出してよどこから来たかを録画は途中で途切れてしまったそれでも続くそれでも続く そこに愛があるならそこに愛があるなら少しでも少しでも 危険を知らせるいろんなアラームがけたたましく鳴り響いてブレーカー落ちて真っ暗な部屋で二人 Ke
地図は持っていないから大きな声で叫んでみる他人を愛せないからとりあえず噛み付いてみるうら若き乙女よ触れられぬ心よ その深い夜に誰の声も届かずに未だ見ぬ朝に君は独り美しく 朝食は食べてますか 誰も信じてないから全てをまず疑ってみるけど美容にいいからこのドリンクを飲んでみるBABY BABY BABY その深い夜に誰の声も届かずに未だ見ぬ朝に君は独り美しく 朝食は食べてますか うら若き乙女よ触れられぬ心よ その深い夜に
雨の音で何も聞こえない汗が滲みて何も見えないこれは自分の問題差し伸べた手を拒んだ 透明な私と聡明なあなたその優しい言葉を疑ってごめん 意味のない魔法をかけたあなたに何かを託したこれはあなたの問題そっと扉を閉じた 愚かな私と素直なあなたその素朴な問いかけを無視してごめん透明な私と聡明なあなたその優しい言葉を疑ってごめん
未知の体験眼差しは真剣声にならないほどの風景 愛おしのカルチャー全部ここにあるわ 本を読んで知って映画観てキスをしたくなった純真無垢な表情に鮮やかな朱の色が差した 真昼の海岸突き抜ける太陽匂いもわかる憧れの風景 外国のスラング吹き替えはナンセンス 本を読んで知って映画観てキスをしたくなった純真無垢な表情に鮮やかな朱の色が差した 俳優さん女優さん 本を読んで知って映画観てキスをしたくなった純真無垢な表情に鮮やかな
溶けそうな街を抜ける風が揺らすビニール袋そんな景色が最高さ東京で暮らす僕らはダンサー 踊ろう 踊ろう燃え尽きるまで 泳ごう 泳ごう深い方へ 踊ろう 踊ろう燃え尽きるまで 騒ごう 騒ごう怒られるまで 中央線はぎゅうぎゅうさタダ乗りのできない電車つまんない事こそ問題だ楽しいことを何かやんなきゃだ 踊ろう 踊ろう燃え尽きるまで 泳ごう 泳ごう深い方へ 踊ろう 踊ろう燃え尽きるまで 騒ごう 騒ごう怒られるまで この街はずっと
いくつの夕陽が世界に沈むんだろう祈りのかけらが星を砕くのなら誰もが事実を探して諦めるほど曖昧で美しい時間が続くのかな 君から縁取って世界を描く僕の内側だけ塗り残したままで間違いを探しては景色が消えていく君の内側だけ想像で埋めて いくつの言葉が意識を繋ぐのだろう画面の向こうがリアルに見えるほどに自分のことすら理解しない僕の目にはどれだけ話しても世界は別々のまま ここから縁取って世界を描く僕の内側だけ塗り残
鍵をかけずに出かけてみよう強いお酒を君に驕ろう少し馬鹿にでもなったほうが色々スムーズ 有名な曲かけてよDJ一緒に踊らなきゃ虚しいじゃないか簡単な言葉話してよBaby通じ合わなきゃ寂しいじゃないか 堅い話は今はよそう次のメロディは君に譲ろう試すに値する方法を今教えるよ 有名な曲かけてよDJ一緒に踊らなきゃ虚しいじゃないか簡単な言葉話してよBaby通じ合わなきゃ寂しいじゃないか ぱぴぷぺぴぽぱぽぱぴぷぺぴぽぱ
腐らず 無くならず 光り続ける 光り続ける 今日は君のバースデイだね火花が散るのを見ていたんだねいつか灰に還る時まで走り続ける定めなのさ 腐らず 無くならず 光り続ける 光り続けるずっと 花が散って草も枯れ果て星が闇に消えてしまっても塵になった言葉集めて祈るだけの生き物なのさ 腐らず 無くならず 光り続ける 光り続けるずっと
そのパーティーには行かないそのパーティーには行かない Make a choiceの連続急に買う冷食興奮しない性格バイト入れた週末 そのパーティーには行かないそのパーティーには行かない Make a choiceの連続早々に立ち去る紅白の垂れ幕格好だけ洒落てる Make a choiceの連続逆流して溢れ出す映像で満足妄想を駆り立てる あなたにはあなたのわたしにはわたしの幸あれ そのパーティーには行かないそのパーティーには
例えば音のない世界で聞こえるあの人の声 例えば飢えのない世界で優しい夕食の匂い 寂しさはいつだって僕らの中にあって本当の優しさに触れるのを待っている