不透明人間 – flumpool

暗い部屋で一人 指でなぞったスクリーン
作り物の光 まぶしい

堪えてきた心 崩れていった川よ
諦めれば多少 楽になるはずだった

消えたくて そっと閉ざした扉
見つけて欲しくて 夜な夜な叩いていたんだ

傷ひとつない 透明人間になって
守りたかったのは 綺麗な夢
惨めな過去なんて 朝焼けに燃やしてさ
なかったことにしたかった

最終回のドラマ 途中で消した画面
終わってしまうと 虚しくなるから

やりきれない想い 止まったままの時計
傷つかないように 独りになったはずだった

窓眺めたら もう一人の僕が
迷子のような目で 何か訴えているんだ

“ここにいる”って 振り絞る声で言った
君の耳元には まだ届かない
静けさの中で 押し込めた夜の叫び
吐き出して 汚れたい

なくした声は 取り戻せないんだ
それでも生きてたくて 君を探しているんだ

不透明だって“僕”という人間だから
ただ綺麗な夢なんて もう捨て去って
惨めな姿で 迎える朝焼けなら
刻み込んで 傷つきたい
この声で“ここにいるんだ”って