ほうれん草のソテー – flumpool

ひと口くらいで すぐ赤くなるとこ
あの頃から変わってないよな

失恋した夜は フリーになったお祝いだって
乾杯をしたっけ

いつものファミレスで ほうれん草のソテー
朝まで ねばっていた

真面目にバカになれたんだ ふざけあえたんだ
深夜のプール 忍び込んで泳いだっけ
誰の指図も 耳をかさないまま
裸ではしゃいでいた 無防備なままで

バイクひとつで どこまで行けるかって
日本縦断の無謀な旅

今ではみんな それぞれの旅路の上
明日のため 走る

地位も肩書きも 互いの悩みも
今夜は吹っ飛ばして

何時間も夢の話で 騒ぎあえたんだ
比べあいなんてしなくて よかったんだ
用もなく好きな あの子に電話したっけ
その瞬間がすべてだった
“それだけ”だったんだ

いくつになったって ほうれん草のソテー
時代を飛び越えて

今だってバカになれるんだ 弾けられるんだ
あの頃へとタイムリープするように
現実を忘れて 二日酔いの眩しい朝焼け
時間が経っても 変わりはしないや