12月の君へ – Fire EX. (滅火器)

再び 舞い戻る 十二月に
風が連れてきた 君の香り

今もずっと遠い空の片隅
街を照らすネオンの光 星のように
離れないでと言えたなら

眠れない夜 一人きり
遣らずの雨に 誘われ
心の奥に ほら密やかに

狂おしい君の笑顔に
哀の色がこぼれ落ち
ごらん たおやかに写る時が輝くから

再び 舞い戻る 十二月に
風が連れてきた 君の香り

今もずっと遠い空の片隅
街を照らすネオンの光 星のように

眠れない夜 一人きり
遣らずの雨に 誘われ
心の奥に ほら密やかに

狂おしい君の笑顔に
哀の色がこぼれ落ち
ごらん たおやかに写る時が輝くから