Silver – FINLANDS

感光しないあなたは何時も
わたしを佳作にして
思い出くすぐりあって
わざと 不意に零したり
だれかの人のあなたと口角測り遊んで
探り合った安全はそうか悲しいものなのか

確かめ算の今夜に速度つけたリダイヤル
あやふやに 時を重ね重く遠く昇る程
落ちるだけのこれからはきっと
痛みが強くなる
絡まる街の冷気に懸命に拍を騙して

才能だって使えない
あなたは利口でしようもない
一々冴えない 秘密を
ねえねえ作らなきゃ

グライダーグライダー
傍にいよう
躊躇う重力繰り返して
触れない事を罪と知る息をするだけの口は

跡のない見慣れたシャツが
ハンガーにもたれかかって
感情が 並び揃っても軽率に愛は決めずに
近く事がないから離れる事もないのか
沈む体に咎める なんで がやけに愛しくて

完全なんて望まない
あなたは利口でしようもない
一々賢いわたしは散々逆らって

グライダーグライダー
傍に居よう
瞼は差別を繰り返して
触れない事を罪と知っても
息をするだけの口でいるのかい

グライダーグライダー
傍にいたい
躊躇う重力 末路も求め
過ちの前を恋と呼ぶ
息をするだけの口は