二十六夜の朧月 – F-BLOOD

サヨナラはカタカナだった その後は文字が無く
二つ折り メモの残り香 曖昧な文

突然 遭った通り雨 細い路地 ふと流されて
雨宿りみたいな夜が 離れられない 糸を結んでいたよ

いつまでも覚えているのは ガラス窓 濡れた髪
二十六夜の朧月 見上げる背中

この街の嘘に疲れて 他愛ない優しさ求め
内ポケットに隠した笑顔 時折眺めた

何ひとつ欲しいものはなくて 触れてれば満たされていて
戸惑う紐を解くように 露わな素顔 包むように抱いた

いつからか哀しみの色も 優しさの色に変わる
星の消えた街角の空 流れる夜雲

微睡む白日夢の中に ぼんやり君が佇む
声をかけたら覚めそうで ただこのまま瞼閉じて眠ろう

いつからか哀しみの色も 優しさの色に変わる
星の消えた街角の空 流れる夜雲

いつまでも覚えているのは ガラス窓 濡れた髪
二十六夜の朧月 見上げる背中